『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編』作品情報

2009年11月7日 公開の映画作品

あらすじ

1960年代〜70年代、大陸を股にかけ、“社会の敵No.1”と呼ばれた男がいた。金を奪うのは銀行や金持ちからだけ、友との絆を大切にし、裏切り者には容赦ない報復、女には限りない愛情を注いだ男、ジャック・メスリーヌ。2部構成で、この世界で最も有名なギャングの一人の人生を追ったクライム・アクション。「ルージュ編」では、フランスに舞い戻り、銀行強盗、誘拐、脱獄を繰り返し、1979年11月、パリで警官隊の壮絶な銃撃を受けるまでを描く。

スタッフ

監督

ジャン=フランソワ・リシエ

キャスト

作品データ

  • 2009年11月7日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
  • 原題MESRINE: PART 2 - PUBLIC ENEMY #1
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 LA PETITE REINE M6 FILMS
ジャンル
感情タグ

『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編』関連記事

page top