『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

孤児院で兄弟のように育ったケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)。2人が中卒で得た解体現場の仕事は、電動ブレーカーでひたすら壁を壊す“はつり”の仕事だった。安い賃金に過酷な労働、そして陰惨ないじめ…。行き場のない苛立ちを積もらせる2人はある日、ひとつの決断をする。それは“見えない壁”をぶっ壊して兄貴のいる北へ向かうこと。かすかな希望を携えて、ケンタとジュンの鮮烈な旅が始まる─―。

スタッフ

監督

大森立嗣

キャスト

作品データ

  • 2010年6月12日より新宿ピカデリー、ユーロスペースほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』関連記事

ボクサーから風俗嬢まで…安藤サクラの凄まじさを堪能できる名作映画5選 画像
コラム

ボクサーから風俗嬢まで…安藤サクラの凄まじさを堪能できる名作映画5選

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『万引き家族』(是枝裕和監督)で、万引きで生計を立てる一家の“母”を演じている安藤サクラ。今後ますます注目が集まることが必至の彼女の魅力、凄まじさがよくわかる5作品をご紹介します。

松田翔太がアフロに? 人気漫画「アフロ田中」実写化! 佐々木希がヒロイン役に 画像
スクープ

松田翔太がアフロに? 人気漫画「アフロ田中」実写化! 佐々木希がヒロイン役に

シリーズ累計で360万部を誇る、のりつけ雅春による人気ギャグ漫画「アフロ田中」シリーズが実写化されることが決定。松田翔太が主人公の田中広を、佐々木希が原作にはないオリジナルのヒロインを演じることが明らかになった。

バツイチで三十路の瑛太&松田龍平! 『まほろ駅前多田便利軒』画像が解禁 画像
スクープ

バツイチで三十路の瑛太&松田龍平! 『まほろ駅前多田便利軒』画像が解禁

直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー小説を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』のビジュアルが解禁。共にバツイチで三十路という設定の役柄に挑む瑛太と松田龍平の姿がお目見えとなった。

高良健吾 初のフォトブックが発売 撮影現場&箱根プライベート旅行の様子も! 画像
スクープ

高良健吾 初のフォトブックが発売 撮影現場&箱根プライベート旅行の様子も!

先週末、松田翔太との共演作『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が公開初日を迎え、その翌日には上海にて『おにいちゃんのハナビ』の舞台挨拶に登壇。今年は先述の2作に、『BANDAGE バンデイジ』、『ソラニン』、『ボックス!』、『ノルウェイの森』、さらにBeeTVで配信された『女たちは二度遊ぶ』の劇場公開も決まり、何と計7本の出演作が劇場公開される高良健吾。彼の初のフォトブック「高良健吾 Photo Book」が『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の公開日と同じく6月12日(土)に発売された。

松田翔太 現役青学生らとディスカッション「ナメていた、衝撃受けた」 画像
レポート

松田翔太 現役青学生らとディスカッション「ナメていた、衝撃受けた」

映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が6月12日(土)、初日を迎え、東京・新宿ピカデリーで主演の松田翔太、共演の高良健吾、大森立嗣監督らが舞台挨拶を行った。

松田翔太×高良健吾インタビュー  若き2人がをぶち破った“壁” 画像
インタビュー

松田翔太×高良健吾インタビュー 若き2人がをぶち破った“壁”

決して明るく、笑いに満ちた作品ではない。だが、松田翔太はこの『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』に惚れ込んだ。高良健吾もまた、強く共鳴し「(脚本を)読んですぐ、絶対にやりたいと思った」という。孤児院で育ち、どうにも抜け出せない過酷な環境、自らの周りに張り巡らされた壁を“ぶち壊す”ためにハンマーを振り下ろし、足を一歩前に進めた若者たち。旅路の果てに彼らの魂はどこに向かうのか? 同世代の俳優陣の中でも群を抜く活躍を見せ、確固たる地位を築いている2人がなぜ、この作品にここまで惹かれたのか?

きっかけは学生からの1通の手紙…松田翔太と高良健吾が学生による試写会に登場 画像
レポート

きっかけは学生からの1通の手紙…松田翔太と高良健吾が学生による試写会に登場

6月9日(水)、青山学院大学の学生らの手によって企画、運営の下、映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の試写会が行われ、主演の松田翔太と共演の高良健吾がサプライズで登場し学生たちとのトークセッションを行った。

高良健吾の凡ミスに松田翔太苦笑い「健吾が忘れちゃった」 画像
レポート

高良健吾の凡ミスに松田翔太苦笑い「健吾が忘れちゃった」

映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の完成披露試写会が6月3日(木)、東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われ、主演の高良健吾が些末なミスをやらかし、W主演の松田翔太から“叱られる”ひと幕があった。

“ここだけ”の松田翔太が満載! 主演映画フォトブック発売 19歳の約束とは? 画像
スクープ

“ここだけ”の松田翔太が満載! 主演映画フォトブック発売 19歳の約束とは?

松田翔太主演の青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のオリジナルフォトストーリーブック「『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 VISUAL BOOK featuring 松田翔太」が発売された。

あのシーンも原作の種田そのまま! 『ソラニン』高良健吾の落書き顔公開 画像
スクープ

あのシーンも原作の種田そのまま! 『ソラニン』高良健吾の落書き顔公開

浅野いにおの人気漫画の映画化として早くから原作ファンの期待を集めていた『ソラニン』が大ヒットスタートを切ったが、今回、劇中のワンシーンで、宮崎あおい演じる芽衣子によって顔に落書きをされた、恋人の種田を捉えた画像が初めて公開された。

阿部芙蓉美がフォークの神様を歌う! 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』主題歌決定 画像
スクープ

阿部芙蓉美がフォークの神様を歌う! 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』主題歌決定

先日開催された第60回ベルリン国際映画祭に正式出品され話題を集めている青春ムービー『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』。このほど本作の主題歌が、阿部芙蓉美の「私たちの望むものは」に決定した。

松田翔太、黒のスーツで颯爽とベルリンデビュー! 亡き父・優作への思いも吐露 画像
レポート

松田翔太、黒のスーツで颯爽とベルリンデビュー! 亡き父・優作への思いも吐露

先日開幕した第60回ベルリン国際映画祭で2月13日(現地時間)の夜、松田翔太主演の『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が上映され、松田さんは大森立嗣監督と共に舞台挨拶、および上映後のQ&Aに参加。上映終了後にコメントを求められ、亡き父・松田優作への思いも口にした。

若手実力派女優、安藤サクラがアジアのアカデミー賞に助演女優賞にノミネート! 画像
スクープ

若手実力派女優、安藤サクラがアジアのアカデミー賞に助演女優賞にノミネート!

昨年劇場公開された『愛のむきだし』で圧倒的な存在感を見せ、国内の各映画祭などでの高い評価を含め、若手女優の中でも高い注目を集める、安藤サクラ。このたび、アジア版アカデミー賞と呼ばれる「アジアン・フィルム・アワード」にて、松田翔太、高良健吾との共演作『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で、堂々の助演女優賞ノミネートを果たした。

松田翔太×高良健吾、国境の“壁”壊す! 最新主演作がベルリン国際映画祭に出品 画像
スクープ

松田翔太×高良健吾、国境の“壁”壊す! 最新主演作がベルリン国際映画祭に出品

毎年2月に開催される世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭。記念すべき60回目を迎える来年の同映画祭フォーラム部門に大森立嗣監督、松田翔太×高良健吾主演による『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が正式出品されることがこのほど決定した。

松田翔太&高良健吾の真剣ムードに、安藤サクラ「お通夜みたい(笑)」 画像
レポート

松田翔太&高良健吾の真剣ムードに、安藤サクラ「お通夜みたい(笑)」

『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督がオリジナル脚本で完成させた青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が、11月24日(火)、都内にて開催中の第10回東京フィルメックスの特別招待作品として上映された。上映後には、大森監督を始め、主演を務めた松田翔太に高良健吾、安藤サクラという、いま旬の3人が登壇し、観客からの質問に答えた。

松田翔太×高良健吾タッグ作の特報解禁! 東京フィルメックスにも出品決定 画像
スクープ

松田翔太×高良健吾タッグ作の特報解禁! 東京フィルメックスにも出品決定

松田翔太の最新主演作『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の特報映像が解禁となり、同時に今月21日(土)より開催される「第10回東京フィルメックス」に本作が特別招待作品として出品されることも明らかになった。

松田翔太&高良健吾が競演! 孤児院育ちの荒削りな若者演じる青春ムービーが来春公開 画像
スクープ

松田翔太&高良健吾が競演! 孤児院育ちの荒削りな若者演じる青春ムービーが来春公開

いま最も勢いに乗る、若手注目俳優、松田翔太と高良健吾が、血よりも濃い絆で繋がった“兄弟”役で競演! 初監督作品『ゲルマニウムの夜』('05)が第59回ロカルノ国際映画祭のコンペ部門に出品され、鮮烈なデビューを飾った大森立嗣の最新作『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が2010年の初夏に公開される。現代日本社会を生きる等身大の若者役に挑戦するふたりのタッグに注目が集まる。

page top