『武士の家計簿』作品情報

2010年12月4日 公開の映画作品

あらすじ

御算用者(会計処理の専門家)として、代々加賀藩の財政に携ってきた猪山家八代目・直之(堺雅人)。そんな彼は、時に同僚からですら“算盤バカ”などと言われる男だった。時は江戸時代後半。天保の大飢饉などもあり、加賀百万石と謳われた藩も財政状況は芳しくない。加えて当時の武家社会には、身分が高くなるとそれに応じて出費も増えるという構造的な問題があった。直之は家財道具を処分し、借金の返済にあてることを決断。倹約生活を実行することになった猪山家の人々。とりわけ妻のお駒(仲間由紀恵)は、直之の一番の理解者として、明るく献身的に家を切り盛りしていく――。

スタッフ

監督

森田芳光

キャスト

  • 堺雅人
  • 仲間由紀恵
  • 松坂慶子
  • 西村雅彦
  • 草笛光子
  • 中村雅俊

作品データ

  • 2010年12月4日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010「武士の家計簿」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『武士の家計簿』関連記事

北川景子、恩師・森田芳光との別れに号泣 織田裕二らも参列 画像
レポート

北川景子、恩師・森田芳光との別れに号泣 織田裕二らも参列

12月20日に急性肝不全のため急逝した森田芳光監督(享年61)の葬儀ならびに告別式が12月24日(土)に行われ、織田裕二、北川景子、黒木瞳、三田佳子ら監督の作品を彩った俳優陣や映画関係者ら400名が参列した。

第36回報知映画賞、『八日目の蟬』が作品賞&主演女優賞の2冠! 画像
スクープ

第36回報知映画賞、『八日目の蟬』が作品賞&主演女優賞の2冠!

年末の国内外の映画賞レースがスタートする中、先陣を切ってこのほど「第36回報知映画賞」の全9部門が発表された。栄えある作品賞・邦画部門に選ばれたのは角田光代原作、成島出監督の『八日目の蟬』。本作の主演を務めた永作博美が主演女優賞に輝き、本作が2冠を達成した。

堺雅人、未婚にして「家事を積極的に手伝ってくれそう俳優」ランキング1位に君臨! 画像
レポート

堺雅人、未婚にして「家事を積極的に手伝ってくれそう俳優」ランキング1位に君臨!

“イクメン(=育児に積極的な男性)”という言葉がようやく社会に浸透してきた今日この頃。部下が育児休暇を取りやすいように、会社の上司や自治体の首長が自ら進んで育児休暇を取る、という動きもみられるとか。ならば、影響力の強い俳優のみなさんにもぜひぜひ進んで育児や家事に励む姿を社会に見せてほしいところ。そこで、シネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」では2月の間にわたって、「家事に積極的に参加してくれそうな俳優は?」というお題で投票を実施。独身の方も既婚の方も、子持ちの方もお構いなし! 家事に積極的でイクメン(っぽく見えそう)な俳優No.1に輝いたのは…?

毎日映画コンクール授賞式 稲垣吾郎、極悪人役にSMAPメンバー「地が出てるね」 画像
レポート

毎日映画コンクール授賞式 稲垣吾郎、極悪人役にSMAPメンバー「地が出てるね」

第65回毎日映画コンクールの授賞式が華やかなグリーンカーペットイベントに続いて開催され、各受賞者が壇上で喜びを語った。授賞式後には報道陣向けの会見の時間もとられ、極悪非道な殿様役で男優助演賞を受賞した稲垣吾郎(『十三人の刺客』)が“悪役への目覚め”を熱く語る一幕も!

2010年映画ファンが選ぶベストムービー 洋画大作を抑えあの邦画がNo.1に輝く! 画像
レポート

2010年映画ファンが選ぶベストムービー 洋画大作を抑えあの邦画がNo.1に輝く!

映画ファンの投票で2010年の“ベスト”を選出! ムービープラス、ユナイテッド・シネマおよびシネマカフェの3社共同による投票企画「ベスト・オブ・ベストアワード2010」の結果が発表され、洋画の大作を抑えて人気シリーズの第3弾『THE LAST MESSAGE 海猿』がベストムービーに選ばれ、主演の伊藤英明もベストアクターの栄誉に輝いた。

堺雅人 来年の抱負は「地味に過ごしたい」 画像
レポート

堺雅人 来年の抱負は「地味に過ごしたい」

映画『武士の家計簿』の大ヒット御礼舞台挨拶が12月15日(水)、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で行われ、主演の堺雅人と森田芳光監督が出席した。

“鯛色”で初日祝い! 仲間由紀恵、観客からの声援に「お褒めの言葉、ありがとう」 画像
レポート

“鯛色”で初日祝い! 仲間由紀恵、観客からの声援に「お褒めの言葉、ありがとう」

映画『武士の家計簿』の初日舞台挨拶が12月4日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で行われ、主演の堺雅人、共演の仲間由紀恵、草笛光子ら主要キャスト9人と森田芳光監督が出席した。

堺雅人インタビュー 「幕末の負け側ばかり演じてきて、勝手に三部作って呼んでます」 画像
インタビュー

堺雅人インタビュー 「幕末の負け側ばかり演じてきて、勝手に三部作って呼んでます」

時代劇ブームと言われる昨今、次々と新たな作品が公開を迎えるが、『武士の家計簿』は風変わりな一作。幕末から明治維新という激動の時代を描きつつも、主人公が刀を抜いて派手なチャンバラを見せるシーンもなければ、尊王攘夷や佐幕などの思想にかぶれて京に上ることもない。とはいえ“異色”という言葉は適当ではない。そこに描かれるのは、あの時代を生きた多くの者の“普遍”と言うべき道——妻を父母を、そしてわが子たちの暮らしを、未来を必死で守ろうとする男の姿である。この愛すべき愚直な男を静かに、淡々と演じるは堺雅人。これまでにも数々の作品で“武士”を演じてきた堺さんだが、主人公・猪山直之の視線を通して何を見たのか——?

グランプリ女性の強心臓ぶりに森田芳光監督「怖い」 シネマプロットコンペ授賞式 画像
レポート

グランプリ女性の強心臓ぶりに森田芳光監督「怖い」 シネマプロットコンペ授賞式

「第五回シネマプロットコンペティション2010」(主催:ユナイテッド・シネマ)のグランプリ作品発表イベントが11月18日(木)、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、審査委員長を務めた森田芳光監督らが出席した。

堺雅人 仲間由紀恵の加賀友禅振袖姿にウットリ 画像
レポート

堺雅人 仲間由紀恵の加賀友禅振袖姿にウットリ

仲間由紀恵が11月8日(月)、堺雅人、松坂慶子らと共に出席した映画『武士の家計簿』(森田芳光監督)の完成披露試写会で艶やかな加賀友禅の着物姿を披露した。

ちょんまげが似合う俳優ランキングは大混戦! 大沢たかおが錦戸亮を抑え1位 画像
レポート

ちょんまげが似合う俳優ランキングは大混戦! 大沢たかおが錦戸亮を抑え1位

数ある映画のジャンルの中でも、日本固有のものとしていまも昔も人々の心をつかんで離さない時代劇。今年は特に、人気の俳優をキャストに配して様々な時代背景を舞台にした時代劇の話題作が目白押しとなっている。衣裳に小道具に作法に…と現代劇とは異なる多くの要素を必要とする時代劇の中で今回、“ちょんまげ”をピックアップ! 巷では某誌の発案をきっかけにいま“まげメン”——すなわち、ちょんまげを結ったイケメン男性を指す言葉まで存在するとのことですが、読者の投票を基にした「ちょんまげが最も似合う俳優ランキング」を大発表!

岡ちゃん“サムライシネマ”応援団長就任「まさかこんな風になっちゃうとは」 画像
レポート

岡ちゃん“サムライシネマ”応援団長就任「まさかこんな風になっちゃうとは」

今年の後半、時代劇映画の公開を控える映画会社5社がタッグを組んだ「サムライ・シネマ キャンペーン」のキックオフセレモニーが9月17日(金)、東京・中央区の時事通信ホールで行われ、応援団長を務めるサッカー日本代表前監督の岡田武史氏、同キャンペーン参加の時代劇5本の主要キャスト、役所広司、大沢たかお、堺雅人、仲間由紀恵、岡田将生、蒼井優らが出席した。

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」 画像
インタビュー

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」

堺雅人は止まらない——。2009年、最も多忙だった俳優の一人であることに間違いはないが、“ブレイク”などという安っぽい言葉は当てはまらない。2008年は、言わずと知れたNHK大河ドラマ「篤姫」に加え、公開された映画が3本(『アフタースクール』、『クライマーズ・ハイ』、『ジャージの二人』)。2009年はさらに増えて、実写映画4本に連続ドラマ2本(「トライアングル」、「官僚たちの夏」)。加えて秋には2年ぶりとなる舞台出演で、劇団☆新感線の「蛮勇鬼」にも参加。“ブレイク”などではなく文字通り、作品にとって“欠かすことができない男”として、唯一無二の存在感を発揮している。

堺雅人、詐欺師の次は倹約家、将軍から下級武士へ! 時代劇で仲間由紀恵と夫婦役 画像
スクープ

堺雅人、詐欺師の次は倹約家、将軍から下級武士へ! 時代劇で仲間由紀恵と夫婦役

次々と主演作が公開されている堺雅人が、今度は幕末から明治時期を生きた下級武士の役で、仲間由紀恵と夫婦を演じることになった。2010年公開予定の映画『武士の家計簿』は、磯田道史の手による「武士の家計簿 『加賀藩御算用者』の幕末維新」(新潮新書刊)を基にした作品。原作は小説ではなく、その名の通り加賀の武士の一家が残した家計簿から、当時の生活の様子や社会情勢を描き出した書籍である。

page top