『グリーン・ゾーン』作品情報

2010年5月14日 公開の映画作品

あらすじ

ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、アメリカ国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)の思惑によって、肝心なところで手がかりを奪われてしまう。国防総省の動きに疑念を感じたミラーは、部隊を離れ単独で調査を開始。飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜け、「真実」を追い続ける男の戦いが始まる――。『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン&ポール・グリーングラス監督の再タッグで贈るアクション大作。

スタッフ

監督

ポール・グリーングラス

キャスト

作品データ

  • 2010年5月14日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにて公開
  • 原題GREEN ZONE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
ジャンル
感情タグ

『グリーン・ゾーン』関連記事

マット・デイモン インタビュー イラクの“リアル”の映像化を可能にしたもの 画像
インタビュー

マット・デイモン インタビュー イラクの“リアル”の映像化を可能にしたもの

社会派作品のシリアスな役柄からアクションヒーロー、コメディタッチの“三枚目”まで幅広い活躍を見せるマット・デイモン。前作『インビクタス/負けざる者たち』では、アパルトヘイトの影響が根強く残る南アフリカのラグビー代表チームのキャプテン役でオスカー助演男優賞にノミネートされた。そして最新主演作『グリーン・ゾーン』では、大量破壊兵器の存在をめぐる陰謀に巻き込まれていく米軍の上級准尉を演じた。日本でも先日公開を迎え、好調なスタートを切った本作。前作に続いて実在の人物をモデルにした役柄となったが、どのように作品に臨み、役に入り込んでいったのか?

マット・デイモンにアメリカン・シネマテーク・アワード 盟友B・アフレックが手渡す 画像
ゴシップ

マット・デイモンにアメリカン・シネマテーク・アワード 盟友B・アフレックが手渡す

今年のアカデミー賞において『インビクタス/負けざる者たち』で助演男優賞候補になったマット・デイモンのこれまでのキャリアを讃えて、アメリカン・シネマテーク・アワードが贈られることになり、授与式のガラ・パーティが27日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで開催された。

小栗旬初監督作引っさげ北海道に! ゆうばり国際映画祭ラインナップに注目 画像
スクープ

小栗旬初監督作引っさげ北海道に! ゆうばり国際映画祭ラインナップに注目

地元市民と映画を愛するファンに支えられ、国内有数の歴史を誇る映画祭となった「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。市の財政破綻からの復活劇を経て早3年、本映画祭が今年で20回目の開催を迎える。記念すべきこの年に、“夕張市と映画”の原点に立ち返るべく、今回掲げられた映画祭テーマは「行こうや。ゆうばり」。この映画祭の目玉となる招待作品のラインナップがこのたび発表された。

page top