『あしたのジョー』作品情報

2011年2月11日 公開の映画作品

あらすじ

昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサー・丹下段平(香川照之)に出会いボクサーへの道を志す。しかし、問題を起こした丈は少年院へ。そしてチャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たす。一足先に少年院を出た力石は、連戦連勝、エリート街道をひた走る。一方の丈は、段平と二人三脚の特訓を行い、「クロスカウンターパンチ」を得意とする人気ボクサーへ成長していた。2人はやがて同じリングを上がる運命の日を迎える――。ちばてつやの不朽の名作コミックを実写映画化。監督を務めるのは、『ピンポン』の曽利文彦。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

曽利文彦

キャスト

作品データ

  • 2011年2月11日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 高森朝雄・ちばてつや/「あしたのジョー」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『あしたのジョー』関連記事

伊勢谷友介 高額なCG代の行方は「ダイエット」 『あしたのジョー』初日 画像
レポート

伊勢谷友介 高額なCG代の行方は「ダイエット」 『あしたのジョー』初日

映画『あしたのジョー』の初日舞台挨拶が2月11日(金・祝)、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主人公・矢吹丈役の山下智久、ライバル力石徹役の伊勢谷友介ら主要キャスト5人と曽利文彦監督が顔を揃えた。  

山下智久、歴代チャンプと後楽園ホールのリングに立つ!ガッツ石松も「OK牧場」と絶賛  画像
レポート

山下智久、歴代チャンプと後楽園ホールのリングに立つ!ガッツ石松も「OK牧場」と絶賛

ちばてつやの不朽の名作コミックを実写映画化した『あしたのジョー』の公開を記念し、2月7日(月)、東京・後楽園ホールで「チャンピオンカーニバル」と題した特別試写会が行われた。上映前には主人公・矢吹丈を演じる山下智久をはじめ、ライバル・力石徹役の伊勢谷友介、香里奈、香川照之らキャスト陣が舞台挨拶に立ったほか、ガッツ石松、輪島功一、内山高志ら12人のボクシング新旧世界チャンピオンが駆けつけ、体当たりでボクサー役に挑んだ山下さんらの健闘をたたえた。

伊勢谷友介インタビュー 「いろいろなことに対応できるフラットな大人でいたいです」 画像
インタビュー

伊勢谷友介インタビュー 「いろいろなことに対応できるフラットな大人でいたいです」

過酷な減量とトレーニングを経て艶やかなボクサーボディを披露し、試合シーンでは本気の殴り合いに挑む。拳の洗礼を受けて変形した顔も本物なら、有名なワンシーンで見せるくびれ過ぎた腹部も本物。『あしたのジョー』で伊勢谷友介が演じた力石徹には、本気が詰まっている。なぜそこまでしたのか? と素朴な疑問を真っ先にぶつけると、伊勢谷さんは「たぶん僕じゃなくても、力石を演じる人ならそうしたはず」とあっさり言い切った。 「なぜなら、それは力石だから。それだけ多くの人の思いを背負っているキャラクターなんですよね。とは言え、僕自身は原作に対する知識もあまりあったわけではなく、最後は誰が真っ白な灰になるんだっけ? という認識程度でした。それでも、のしかかってくるものの重さは実感していたし、それと上手く付き合うには減量とトレーニングを続けるしかなかったです」。

香川照之、山P&伊勢谷の打ち合い目撃し「選手役じゃなくて良かった」 画像
レポート

香川照之、山P&伊勢谷の打ち合い目撃し「選手役じゃなくて良かった」

山下智久が主人公・矢吹丈を熱演し、大きな話題を集める『あしたのジョー』の完成披露試写会が1月17日(月)、東京国際フォーラムで行われ、山下さんをはじめ、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、メガホンを取った曽利文彦監督がファンに作品をお披露目した。

山下智久、ジョーが教えてくれた「挑戦することが大事」 画像
レポート

山下智久、ジョーが教えてくれた「挑戦することが大事」

ちばてつやの不朽の名作コミックを実写映画化した『あしたのジョー』の完成報告会見が1月17日(月)、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主人公・矢吹丈を演じる山下智久、ライバル・力石徹役の伊勢谷友介をはじめ、香里奈、香川照之、メガホンを取った曽利文彦監督が撮影の裏話や作品への熱い思いを語った。

『あしたのジョー』主題歌に宇多田ヒカル!「夢じゃなくて愛を見せてよって感じ」 画像
スクープ

『あしたのジョー』主題歌に宇多田ヒカル!「夢じゃなくて愛を見せてよって感じ」

来年2月公開の映画『あしたのジョー』の主題歌が、宇多田ヒカルの新曲「Show Me Love(Not A Dream)」に決定! 曽利文彦監督のコメント、新アルバム発売に際して宇多田さんが本楽曲について語ったインタビューの内容も到着した。

page top