『蛮幽鬼』作品情報

2010年10月2日 公開の映画作品

あらすじ

無実の罪で監獄島に幽閉された伊達土門(上川隆也)は、10年の歳月が流れてもなお、自分に濡れ衣を着せた者たちへの復讐を生きる糧としている。サジ(堺雅人)という謎の男の力を借りて脱獄し、復讐を果さんとする彼の前に立ちはだかったのは、かつて将来を誓った女、美古都(稲森いずみ)だった…。復讐の鬼と化した土門、彼への愛を秘めながら国を立て直そうとする美古都、彼女への忠誠心に生きる刀衣(早乙女太一)、そして謎多き殺し屋・サジ(堺雅人)。土門の復讐は果たされるのか?

スタッフ

監督

いのうえひでのり

キャスト

作品データ

  • 2010年10月2日より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 松竹、ヴィレッヂ
ジャンル
感情タグ

『蛮幽鬼』関連記事

山内圭哉の「内野さんは来ませんよ」に上川隆也が一喝「止め!」 画像
レポート

山内圭哉の「内野さんは来ませんよ」に上川隆也が一喝「止め!」

ヒット舞台をスクリーン上映するゲキシネ『蛮幽鬼』の初日舞台挨拶が10月2日(土)、東京・新宿区の新宿バルト9で行われ、主演の上川隆也、共演の山内圭哉がトークショーを行った。

『蛮幽鬼』上川隆也×稲森いずみ 舞台に立つ“覚悟”と舞台裏の意外な“素顔” 画像
インタビュー

『蛮幽鬼』上川隆也×稲森いずみ 舞台に立つ“覚悟”と舞台裏の意外な“素顔”

舞台にドラマに、“精力的”という言葉がぴったりの活躍を見せる上川隆也と近年、幅広い役柄を演じ、作品ごとに新たな境地を開き続ける女優・稲森いずみ。この2人が初共演! おまけに日本屈指の人気を誇る「劇団☆新感線」の舞台公演において、大いに話題を呼んだのが2009年の秋。その興奮が、演劇と映画の魅力を組み合わせた新たな試みとしてじわじわと浸透する認知度を上げている<ゲキ×シネ>においてスクリーンに蘇る。上演からおよそ1年、『蛮幽鬼(ばんゆうき)』の新たな船出を前に、2人が揃って初共演について、そして作品の魅力について語ってくれた。

ゲキ×シネ『蛮幽鬼』で堺雅人の魅力的な“ギャップ”が際立つ! アンケート結果発表 画像
レポート

ゲキ×シネ『蛮幽鬼』で堺雅人の魅力的な“ギャップ”が際立つ! アンケート結果発表

演劇と映画——。この表現の異なる2つのエンターテイメントを結ぶ新しい試みとして脚光を浴びている<ゲキ×シネ>。舞台の持つ熱気、スピード感、臨場感をカメラで捉え、大スクリーンで上映することで、舞台の新たな魅力を引き出すと共に、これまで舞台に触れることのなかった人々にその面白さを伝える“起爆剤”として高い注目を浴びている。このたび、<ゲキ×シネ>最新作として公開されるのが、日本屈指の人気劇団「劇団☆新感線」が2009年に上演し、連日の超満員を記録した『蛮幽鬼』。シネマカフェでは10月2日(土)の公開を前に本作の試写会を開催! 鑑賞後には「<ゲキ×シネ>ならではの魅力を感じた俳優は?」というアンケートを実施した。アンケート結果から、<ゲキ×シネ>の楽しみ方が見えてくる?

「マークスの山」に高良健吾! 高山ロケにベテラン俳優陣は恨み節 画像
レポート

「マークスの山」に高良健吾! 高山ロケにベテラン俳優陣は恨み節

人気作家、高村薫の直木賞受賞小説をWOWOWで初ドラマ化する「マークスの山」の制作会見が8月25日(水)、東京・港区のニューピアホールで行われ、キーパーソンのマークス役を高良健吾が演じることが発表された。

「殺陣の振り付けを一度で覚えちゃう」上川隆也 早乙女太一を大絶賛 画像
レポート

「殺陣の振り付けを一度で覚えちゃう」上川隆也 早乙女太一を大絶賛

演劇を最新デジタルシネマ技術で収録しスクリーン上映するゲキ×シネ『蛮幽鬼(ばんゆうき)』の完成披露試写会が7月25日(日)、東京・港区のスペースFS汐留で行われ、主演の上川隆也、ヒロインの稲森いずみ、共演の早乙女太一らが出席した。

page top