『ザ・タウン』作品情報

2011年2月5日 公開の映画作品

あらすじ

ダグ・マクレイ(ベン・アフレック)は犯行現場に一切の痕跡を残さないプロの銀行強盗一味のリーダー。綿密な計画からある銀行を襲撃したダグたちは、支店長のクレア・キーシー(レベッカ・ホール)を人質にする。クレアは無事解放されるものの、犯罪者の影に怯えるトラウマを抱えるようになる。ある日彼女はコインランドリーでダグという魅力的な男に出会い、2人は恋に落ちる。しかし彼女は気がついていなかった。数日前の強盗犯として襲い、同じ名前の男・ダグだということに――。

スタッフ

監督

ベン・アフレック

キャスト

作品データ

  • 2011年2月5日より丸の内ルーブル、新宿ピカデリー ほか全国にて公開
  • 原題THE TOWN
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
ジャンル
感情タグ

『ザ・タウン』関連記事

ベン・アフレック、「ジャスティン・ビーバーみたい」な髪形にイメチェンの理由は? 画像
ゴシップ

ベン・アフレック、「ジャスティン・ビーバーみたい」な髪形にイメチェンの理由は?

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で世に出て以来、ずっと同じヘアスタイルをキープしてきたベン・アフレックがこのところ髪を伸ばし始めてイメージ・チェンジ。七三分けで重めの前髪というスタイルはインターネット上で「ジャスティン・ビーバーみたい」と言われ続けていたが、新作映画の役作りのためであることが分かった。

ベン・アフレック インタビュー ベンが選ぶ最高の犯罪映画ベスト11も! 画像
インタビュー

ベン・アフレック インタビュー ベンが選ぶ最高の犯罪映画ベスト11も!

俳優としての活躍はもちろん、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でのアカデミー賞脚本賞をはじめ、映画の製作部分にも深く関わり続けるベン・アフレック。クリント・イーストウッドの後継者との呼び声も高い彼の、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続く待望の監督第2作『ザ・タウン』がまもなく公開となる。プロの強盗として生きてきた男が、ある女性との出会いをきっかけに人生を描いた本作。監督としてそして主演俳優として、どのように作品に臨み、何を伝えようとしたのか? 彼が愛する犯罪映画の紹介と共にインタビューをお届け!

オスカー作品賞の結果を占うアメリカ製作者組合賞は『英国王のスピーチ』が受賞 画像
ゴシップ

オスカー作品賞の結果を占うアメリカ製作者組合賞は『英国王のスピーチ』が受賞

第83回アカデミー賞のノミネーション発表を25日に控え、作品賞の行方を占うアメリカ製作者組合(PGA)賞授賞式が22日に開催、『英国王のスピーチ』が受賞した。

英国アカデミー賞ノミネーション発表、『英国王のスピーチ』が最多14部門で候補に 画像
ゴシップ

英国アカデミー賞ノミネーション発表、『英国王のスピーチ』が最多14部門で候補に

英国アカデミー(BAFTA)賞候補が18日発表され、『英国王のスピーチ』が最多14部門で候補に挙がり、次いでナタリー・ポートマンがゴールデン・グローブ主演女優賞に輝いた『ブラック・スワン』が12部門、『インセプション』が9部門で候補となった。

個性派名脇役のピート・ポスルスウェイトが死去 画像
ゴシップ

個性派名脇役のピート・ポスルスウェイトが死去

英国、ハリウッドで活躍してきた名脇役、ピート・ポスルスウェイトが2日、英国中西部シュロプシャー州の病院で亡くなったことが長年の友人でジャーナリストのアンドリュー・リチャードソンによって明らかになった。享年64。

ジョニーが主演賞Wノミネート! オスカー前哨戦のゴールデン・グローブ賞候補が発表 画像
ゴシップ

ジョニーが主演賞Wノミネート! オスカー前哨戦のゴールデン・グローブ賞候補が発表

アカデミー賞前哨戦の数々の映画賞の中でも注目度の高い第68回ゴールデン・グローブ賞の候補作と俳優が15日、発表された。

シャーリーズ・セロンとデートできる権利 チャリティ・オークションで2万ドルで落札 画像
ゴシップ

シャーリーズ・セロンとデートできる権利 チャリティ・オークションで2万ドルで落札

シャーリーズ・セロンが、彼女と一緒にバスケットボールの試合観戦ができるデートの権利をチャリティ・オークションに出品、2万ドルで落札された。

TIFFクロージングにハズレなし?『ザ・タウン』“監督”ベン・アフレックに称賛の声 画像
スクープ

TIFFクロージングにハズレなし?『ザ・タウン』“監督”ベン・アフレックに称賛の声

開催中の第23回東京国際映画祭(TIFF)でクロージング作品として上映される『ザ・タウン』の撮影現場の様子を捉えた画像が到着した。ベン・アフレックが監督、脚本、主演の3役をこなしている本作。TIFFのオープニングを飾った『ソーシャル・ネットワーク』や、同じくTIFFの初日に本編映像の一部を世界初上映した『トロン:レガシー』などと比べ、会期中のキャスト陣の来日などがないだけに、やや地味な印象を受けてしまいがちだが、作品およびベンの監督としての手腕にかなりの高評価が寄せられているという。

page top