『東京プレイボーイクラブ』作品情報

2012年2月4日 公開の映画作品

あらすじ

職場でのトラブルが原因で、東京郊外の小さな町に流れてきた勝利はかつての仲間、成吉が経営する古びたラウンジ「東京プレイボーイクラブ」で働き始めることに。一方、東京プレイボーイクラブのボーイとして働く貴弘の彼女のエリ子は、変わり映えのしない生活に疑問を感じ始めていた。そんなある日、勝利が地元の若者と起こした喧嘩が原因で、3人はとんでもないトラブルに巻き込まれてしまう――。

スタッフ

監督

奥田庸介

キャスト

  • 大森南朋
  • 光石研
  • 臼田あさ美
  • 三浦貴大

作品データ

  • 2012年2月4日より渋谷ユーロスペース、シネマート新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 東京プレイボーイクラブ
ジャンル
感情タグ

『東京プレイボーイクラブ』関連記事

大森南朋、共演した光石&臼田から「セクシー」と太鼓判 画像
レポート

大森南朋、共演した光石&臼田から「セクシー」と太鼓判

俳優の大森南朋が2月4日(土)、主演作『東京プレイボーイクラブ』の初日舞台挨拶を共演した光石研、臼田あさ美、淵上泰史、三浦貴大、奥田庸介監督と共に東京・渋谷のユーロスペースで行った。映画の中では、大森さんにとって久々となる激しいアクションシーンを披露しており「いい年して暴れられる快感があった」と不敵な笑み。その男っぷりに「いやあ、現場ではセクシー“ナンバーワン”でした!」(光石さん)、「本当にセクシーでした」(臼田さん)と共演者も太鼓判を押していた。

“いい人”大森南朋、天真爛漫な25歳の新鋭監督にお手上げ? 画像
レポート

“いい人”大森南朋、天真爛漫な25歳の新鋭監督にお手上げ?

先日より開催中の第12回東京フィルメックスにて11月25日(金)、25歳(※撮影時24歳)の新鋭監督・奥田庸介の『東京プレイボーイクラブ』のジャパンプレミアが開催された。上映前の舞台挨拶に奥田監督と共に大森南朋、臼田あさ美、淵上泰史が登壇。ヒップホップ乗りの新人監督の挨拶に会場は笑いに包まれた。

松下奈緒「ゲゲゲ」以来のNHKドラマは、憧れの向田邦子原作 画像
レポート

松下奈緒「ゲゲゲ」以来のNHKドラマは、憧れの向田邦子原作

女優の松下奈緒がNHKドラマ10『胡桃の部屋』で主演を務めることになり7月3日(日)、都内スタジオで取材に応じた。松下さんにとっては昨年、社会現象を巻き起こした連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」以来のNHKドラマ。松下さん自身も大ファンだという故・向田邦子の小説が原作とあって「一度は向田さんの作品を経験してみたかったので、本当に嬉しい」と笑顔で語っていた。

page top