『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』作品情報

2011年12月3日 公開の映画作品

あらすじ

運転士・滝島徹(三浦友和)は、1か月後に42年務めた富山地方鉄道を定年退職する。妻・佐和子(余貴美子)は、良性の癌になったことをキッカケに自分の人生を見つめ直し、在宅緩和ケアの仕事に就くことを決意する。ある日、佐和子の担当癌患者の井上信子(吉行和子)が失踪した。実は落雷のため山間部で緊急停車してしまった徹の運転する列車に偶然乗車していたのだが、そこで病状が急変してしまう…。

スタッフ

監督

蔵方政俊

キャスト

  • 三浦友和
  • 余貴美子
  • 小池栄子
  • 中尾明慶
  • 吉行和子

作品データ

  • 2011年11月19日より富山にて先行公開、12月3日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011「RAILWAYS2」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』関連記事

99歳日本最高齢の現役監督に、永作博美、小池栄子らがスタンディング・オベーション 画像
レポート

99歳日本最高齢の現役監督に、永作博美、小池栄子らがスタンディング・オベーション

先月発表された「2011年 第85回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月4日(土)、都内で開催され、主演女優賞を受賞した永作博美、助演女優賞の小池栄子らが出席した。米アカデミー賞よりも長い歴史をもち、いまも国内外で高い注目を集める同賞。今回の表彰式には、自ら“最後の作品”と公言する『一枚のハガキ』が日本映画作品賞に輝いた新藤兼人監督も来場し、永作さん、小池さんら受賞者たちがスタンディング・オベーションで最大級の敬意を表した。

三浦友和&三浦貴大『RAILWAYS』初日舞台挨拶でついに“親子初共演”実現 画像
レポート

三浦友和&三浦貴大『RAILWAYS』初日舞台挨拶でついに“親子初共演”実現

俳優の三浦友和が主演する『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の初日舞台挨拶が12月3日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、三浦さんの次男で前作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に出演した三浦貴大がサプライズ登壇した。友和さんと貴大さんが、公の場でツーショットを披露するのは今回が初めて。貴大さんから、物語の重要なアイテムである“ブレーキハンドル”を手渡された友和さんは「これ、本物(笑)? もうちょっと違う形で共演したかったが、ありがとう。驚きました」と感無量の面持ちだった。

余貴美子、夫からのカンチョー攻撃を告白! 三浦友和は爆笑 画像
レポート

余貴美子、夫からのカンチョー攻撃を告白! 三浦友和は爆笑

映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の完成報告会見が“いい夫婦の日”である11月22日(火)、都内で開催され主演の三浦友和、余貴美子、蔵方政俊監督、阿部秀司プロデューサーが出席した。先ごろ、妻で元歌手の山口百恵との夫婦生活を綴った著書「相性」(小学館刊)を上梓し、明治安田生命保険が毎年発表する「理想の有名人夫婦」ランキングで6連覇を達成した三浦さんは、良い夫婦の秘訣について「相性です(笑)」と即答。余さんは家庭で夫から「カンチョーされる(笑)」と告白するなど、笑いの絶えない会見となった。

page top