『ウィンターズ・ボーン』作品情報

2011年10月29日 公開の映画作品

あらすじ

ミズーリ州の貧しい田舎町で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー・ドリー。ドラッグの売人をしていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅を差し押さえられる窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追い危険な裏社会へと単身乗り込んでいくのだが…。

スタッフ

監督

デブラ・グラニック

キャスト

作品データ

  • 2011年10月29日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開
  • 原題WINTER'S BONE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.
ジャンル
感情タグ

『ウィンターズ・ボーン』関連記事

J・ローレンスだけじゃない、『ウィンターズ・ボーン』影の演技派女優は“地元っ子” 画像
スクープ

J・ローレンスだけじゃない、『ウィンターズ・ボーン』影の演技派女優は“地元っ子”

本年度アカデミー賞候補作の最後に残された傑作として先月末に劇場公開された『ウィンターズ・ボーン』。本作で、演技経験ゼロでありながら、主人公・リーの妹として大抜擢された生まれも育ちも南ミズリーの“地元っ子”、アシュリー・トンプソンちゃんの撮影風景を収めた貴重な映像がシネマカフェに到着した。

心も体も、お財布までも温まる『ウィンターズ・ボーン』キャンペーンが続々 画像
スクープ

心も体も、お財布までも温まる『ウィンターズ・ボーン』キャンペーンが続々

新星ジェニファー・ローレンスを一躍スターダムに押し上げた、本年度オスカーノミネート作『ウィンターズ・ボーン』がいよいよ10月29日(土)より日本にて公開を迎える。この公開を記念して、舞台となるアメリカの山間地帯から伝わる独特の“寒さ”にちなんだ、冬にぴったりの企画や商品が誕生した。

『ウィンターズ・ボーン』D・グラニック監督「“闘う人間”の力の源を描きたかった」 画像
インタビュー

『ウィンターズ・ボーン』D・グラニック監督「“闘う人間”の力の源を描きたかった」

鬱蒼とした森林が続く、アメリカ・ミズーリ州の山村を舞台に、家族を守るため厳しい環境の中で奮闘する一人の少女の“生”を力強く描き、本年度のオスカーに名を連ねた傑作『ウィンターズ・ボーン』。女性ならではの繊細さと力強さでもって、少女の現実を見事にとらえたデブラ・グラニック監督に話を聞いた。本作を通して彼女が描きたかったものとは? また、主演を見事に遂げたジェニファー・ローレンスに、彼女は何を託したのか?

アンダーグラウンドからオスカーへ 隠れた名優ジョン・ホークスが語る「男」 画像
インタビュー

アンダーグラウンドからオスカーへ 隠れた名優ジョン・ホークスが語る「男」

良作のインディペンデント映画の発掘の場として知られるサンダンス映画祭で2冠に輝き、各国で絶賛された傑作人間ドラマ『ウィンターズ・ボーン』。“苛酷”の一言では片付けられない、良識など通じない境遇に生きる少女・リー(ジェニファー・ローレンス)の“生”にスポットが当てられる中、ときに彼女の存在を喰うほどの迫力で強い印象を残す男がいる。リーに生きることの厳しさ、そして彼女の行く手を阻む「掟」を、身を呈して伝える伯父・ティアドロップだ。一見危なすぎるこの男を鬼気迫る演技で魅せ、本年度のオスカーでその名を知らしめた、名優ジョン・ホークスが語ってくれた。

少女から大人の世界へ。映画人が「17歳」を愛するワケ、いま注目したい「17歳」 画像
コラム

少女から大人の世界へ。映画人が「17歳」を愛するワケ、いま注目したい「17歳」

17歳というと、青春を象徴するお年頃。そのせいか映画でも、この年齢の主人公が少なくありません。ちょっと前になるけれど、ウィノナ・ライダー主演で少女特有の危うさを見事に描いていたのが『17歳のカルテ』。まだ初々しいスカーレット・ヨハンソンとソーラ・バーチの無愛想な様子が妙にリアルな『ゴーストワールド』。最近でも、キャリー・マリガンを主演に17歳を目前にした少女の揺れ動く心を描いた『17歳の肖像』や、愛を知らない少女が新しい人生を見出していく様子を映し出した『プレシャス』など、引きもきりません。

オスカー候補最後の一作に秘められた希望 『ウィンターズ・ボーン』が描く「現実」 画像
コラム

オスカー候補最後の一作に秘められた希望 『ウィンターズ・ボーン』が描く「現実」

2011年のアカデミー賞で、『英国王のスピーチ』や『ソーシャル・ネットワーク』と並び作品賞候補として選出された10本の傑作映画のうち、最後に残された一本がまもなく公開となる。極めて小さな予算でつくられたインディペンデント作品にして、各国の映画賞を総なめにした『ウィンターズ・ボーン』である。

【シネマモード】映画で覗いてみる、アメリカの「いま」 画像
コラム

【シネマモード】映画で覗いてみる、アメリカの「いま」

あの日から10年。直後から、各所で国旗がはためき、愛国心みなぎる言葉があふれていたアメリカ。テロ対策、戦争を経て、アメリカは、そして世界は、何かが変わったのでしょうか。政治的、社会的な分析は専門家に任せるとして、映画の世界はどうでしょう。

アカデミー賞候補の最後に残された名作『ウィンターズ・ボーン』ポスター画像解禁 画像
スクープ

アカデミー賞候補の最後に残された名作『ウィンターズ・ボーン』ポスター画像解禁

今年のアカデミー賞候補作の中でも最後に残された傑作と名高い『ウィンターズ・ボーン』のポスター画像が解禁。家族を思う姉の愛が強く感じられるビジュアルに仕上がっている。

弱冠20歳、J・ローレンスが放つ迫真の演技に注目 『ウィンターズ・ボーン』予告編 画像
スクープ

弱冠20歳、J・ローレンスが放つ迫真の演技に注目 『ウィンターズ・ボーン』予告編

傑作インディペンデント映画を見出すサンダンス映画祭でグランプリと脚本賞の4冠に輝き、本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優賞ほか2部門にてノミネートを果たした『ウィンターズ・ボーン』の予告編がシネマカフェに到着! 弱冠20歳でオスカーノミネートを果たした若手注目女優、ジェニファー・ローレンスのただ者ならぬ迫真の演技を垣間見ることができる。

今年オスカー候補作最後の1本『ウィンターズ・ボーン』公開決定! 画像
スクープ

今年オスカー候補作最後の1本『ウィンターズ・ボーン』公開決定!

インディペンデント作品ながら今年のアカデミー賞で作品賞を含む主演4部門にノミネート、「今年のオスカー候補作品の最後の1本」として注目を集めていた『ウィンターズ・ボーン』が10月下旬に日本でも公開されることが決まった。

page top