『明りを灯す人』作品情報

2011年10月8日 公開の映画作品

あらすじ

キルギスの小さな村の電気工。彼は、アンテナの調整や電気の修理など、どんな些細な用事でも自転車でかけつけ、村人たちは彼を“明り屋さん”と呼んでいる。明り屋さんは、はときに裕福ではない家には無料で電気を使えるよう細工したり、村人たちの暮らしを第一に考え、みんなからも愛される純朴な男。そんな彼の夢は、風車を作って村中の電力を賄うことと、息子を授かること。そんな中、ラジオから政治的混乱のニュースが流れ、私腹を肥やそうと都会からやってくる者たちによって、穏やかな時間が流れる田舎の村にも変化が起きようとしていた…。『あの娘と自転車に乗って』、『旅立ちの汽笛』のアクタン・アブディカリコフ監督の9年ぶりとなる新作。2010年カンヌ国際映画祭正式出品作。

スタッフ

監督

アクタン・アブディカリコフ

キャスト

作品データ

  • 2011年10月8日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
  • 原題SVET-AKE/THE LIGHT THIEF
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top