SF/ サスペンス/ ドラマ 『ミッション:8ミニッツ』作品情報

2011年10月28日 公開の映画作品

あらすじ

政府の極秘ミッションに従事する米軍のエリート、スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)。彼に与えられた任務はシカゴで乗客全員が死亡した列車爆破事故の犯人を見つけることだった。事件解明のため、彼は爆破の犠牲者が死亡する“8分前の意識”に入り込む。だが8分はすぐに過ぎ、スティーブンは元の自分に戻ってしまう。犯人を捕らえるまで続く無限ループに、そもそも過去を変えて乗客を救うことなど可能なのかという疑問が生まれ始める。なぜ、この任務にスティーブンが選ばれたのか。このミッションに隠された禁断の真実とは…?

スタッフ

監督

ダンカン・ジョーンズ

キャスト

  • ジェイク・ギレンホールコルター・スティーヴンス大尉
  • ミシェル・モナハンクリスティーナ・ウォーレン
  • ヴェラ・ファーミガコリーン・グッドウィン大尉
  • ジェフリー・ライトラトレッジ博士

作品データ

  • 2011年10月28日より全国にて公開
  • 原題SOURCE CODE
  • 製作年2011
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間91分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • クレジット© 2011 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『ミッション:8ミニッツ』関連記事

あなたは残された<8分間>で何する?『ミッション:8ミニッツ』アンケート結果発表! 画像
レポート

あなたは残された<8分間>で何する?『ミッション:8ミニッツ』アンケート結果発表!

『月に囚われた男』で鮮烈な映画監督デビューを果たしたダンカン・ジョーンズがジェイク・ギレンホールを主演に迎え、満を持して贈る傑作サスペンス『ミッション:8ミニッツ』。観る者の想像を覆す“騙し”の演出と、卓越したスタイリッシュな映像が強いインパクトを残す本作だが、そこに凝縮されているのは人間の苦悩と愛に満ちたドラマ。シネマカフェでは公開に先立ち、女性読者を対象にした試写会を実施しアンケートを行った。一体、女性たちは本作のどの部分に共感したのか? その結果をここでご紹介!

鬼才ダンカン・ジョーンズが語る自信作は、ヒッチコックより挑戦的な“頭脳系”映画? 画像
インタビュー

鬼才ダンカン・ジョーンズが語る自信作は、ヒッチコックより挑戦的な“頭脳系”映画?

まず冒頭から観る者を襲うのは、「いま、自分はどの次元にいるのか?」という疑問。『ミッション:8ミニッツ』——8分間という、限られた時間に繰り返し戻り、禁断の真実に迫っていく傑作サスペンス・アクションが誕生した。本作でその卓越した才能を見せつけるのは、『月に囚われた男』で鮮烈な長編映画監督デビューを果たした若き鬼才、ダンカン・ジョーンズ。「彼の頭の中を覗いてみたい」。観終わった後にはそんな気持ちにきっと駆られるはず。という事で、その前に、彼の貴重なインタビュー映像をシネマカフェでいち早くお届けします。

page top