『50/50 フィフティ・フィフティ』作品情報

2011年12月3日 公開の映画作品

あらすじ

ラジオ番組の作家として働く27歳のアダム。彼は突然、脊髄の癌と宣告されてしまう。親友、母親、そしてがんセンターの若いセラピストの助けを借り、アダムは彼の人生で最も重要なものとは何かを探す旅に出るのだが…。

スタッフ

監督

ジョナサン・レヴィン

キャスト

作品データ

  • 2011年12月1日よりTOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開
  • 原題50/50
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 IWC Productions,LLC
ジャンル
感情タグ

『50/50 フィフティ・フィフティ』関連記事

人間以上にバトル過熱化? 巨匠&名優が擁立する、アカデミー賞級の“犬”たち 画像
スクープ

人間以上にバトル過熱化? 巨匠&名優が擁立する、アカデミー賞級の“犬”たち

2月26日(現地時間)に発表される本年度アカデミー賞における栄冠のゆくえが注目される中、授賞の対象である人間のみならず、スクリーンの中で時に人間以上の存在感を発揮する“犬”たちに熱い視線が集まっているのはご存知だろうか? もしも、アカデミー賞に“犬部門”ないしは“動物部門”があるとしたら…。混戦を見せる本年度のアカデミー賞ノミネート作品から、名演技を見せる注目の“役者”たちを一挙ご紹介!

J・クルーニー、レオ、ブラピの3大スター対決! ゴールデン・グローブ賞候補が発表 画像
ゴシップ

J・クルーニー、レオ、ブラピの3大スター対決! ゴールデン・グローブ賞候補が発表

第69回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが15日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルでジェラルド・バトラー、ウッディ・ハレルソン、ソフィア・ヴェルガラらによって発表された。

「私のお兄ちゃんだったら…」 『50/50』アナ・ケンドリック、監督にゾッコン? 画像
インタビュー

「私のお兄ちゃんだったら…」 『50/50』アナ・ケンドリック、監督にゾッコン?

12月1日(土)より公開中のジョセフ・ゴードン=レヴィット主演のヒューマンドラマ『50/50 フィフティ・フィフティ』。本作でジョセフ扮する主人公・アダムと心通わせていく新米セラピスト・キャサリンを演じているのが、『マイレージ、マイライフ』でオスカーノミネートを果たした若手注目女優、アナ・ケンドリックだ。本作でもそのキュートな魅力を放っている彼女が作品について、役について語るインタビュー映像が届いた。

【シネマモード】『50/50』を書き上げたW・レイサー「人生に必要なのは、笑い」 画像
コラム

【シネマモード】『50/50』を書き上げたW・レイサー「人生に必要なのは、笑い」

まじめで実直、お酒やたばこなど特に体に悪いこともしてこなかった普通の青年・アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が27歳という若さで5年生存率50%というがんを宣告されるところから始まる映画『50/50 フィフティ・フィフティ』。これだけ聞くと、シリアスなヒューマン・ドラマかと思ってしまいますが、何と本作は、アダムの闘病生活と、突然訪れた“非日常”の中で巻き起こるさまざまな騒動をユーモアあふれるタッチで描き、本国アメリカで高い評価を得ているコメディです。がんを題材にしたコメディとは前代未聞ですが、これが妙にリアルで、笑って、泣けて、面白い。それもそのはず、物語の基となっているのは、本作の脚本家で製作総指揮も務めるウィル・レイサーのがん克服体験。そこで、来日したレイサー氏に、映画誕生の裏側について聞いてきました。

ベン・スティラー、次回主演作の通行人役をチャリティ・オークションで募集 画像
ゴシップ

ベン・スティラー、次回主演作の通行人役をチャリティ・オークションで募集

ベン・スティラーが、彼の最新主演作に出演できる権利をチャリティ・オークション・サイト「charitybuzz」に出品している。

仁科仁美、浮気は絶対NO? 『50/50』女子会試写会でぶっちゃけトーク 画像
レポート

仁科仁美、浮気は絶対NO? 『50/50』女子会試写会でぶっちゃけトーク

27歳という若さで生存率50%のがん宣告を受けた青年の実話をユーモアを交えて描いた感動作『50/50 フィフティ・フィフティ』の公開を記念して、11月11日(金)、タレントの仁科仁美をゲストに迎えて、シネマカフェの女性読者たちによる女子会試写会が行われた。仁科さんの“ぶっちゃけ”キャラにちなんで、女性のホンネが明かされる一幕も。

ジョージ・クルーニーが一歩リード? オスカー前哨戦の火蓋が落とされる! 画像
レポート

ジョージ・クルーニーが一歩リード? オスカー前哨戦の火蓋が落とされる!

来年2月に迎える第84アカデミー賞の前哨戦の幕開けとも言うべき「第15回ハリウッド映画祭」で、このほどジョージ・クルーニーが『ザ・ディセンダンツ』(原題)で主演男優賞を受賞することが決定。先日のトロント映画祭での喝采に続き、アカデミー賞に向けて一歩リードとなった。

セス・ローゲン、7年間の交際を経て、女優・脚本家とマルチに活躍する才媛と挙式 画像
ゴシップ

セス・ローゲン、7年間の交際を経て、女優・脚本家とマルチに活躍する才媛と挙式

『グリーン・ホーネット』のセス・ローゲンが1日に女優で脚本家のローレン・ミラーとカリフォルニア州ソノマで挙式した。

ブランジェリーナにG・クルーニー、マドンナなどトロントに豪華スター集結! 画像
レポート

ブランジェリーナにG・クルーニー、マドンナなどトロントに豪華スター集結!

先日より開催中のトロント国際映画祭。ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ30万人超の来場者数を誇り北米で最大規模を誇ると共に、ここでの観客、評論家たちの評価が、その後のオスカーに向けての賞レースにも大きな影響を与えるとあって、毎年その結果に注目が集っている。映画ファンにとって何より嬉しいのは、ハリウッド大作の出品が多く、カナダというアメリカの隣国という場所柄もあって名だたるスターたちが自らの作品を携えてレッドカーペットに登場するという点。今年もブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーの“ハリウッド最強カップル”をはじめ、ジョージ・クルーニーにマドンナ、ユアン・マクレガーなど豪華スターたちが集結した。例年に増してゴージャスなレッドカーペットの模様を写真と共にご紹介!

page top