『デビルズ・ダブル―ある影武者の物語―』作品情報

2012年1月13日 公開の映画作品

あらすじ

サダム・フセインの長男ウダイ・フセインに顔が似ているという理由で、家族の命と引き換えに彼の影武者となった男がいた。彼の名はラティフ・ヤヒア(ドミニク・クーパー)。莫大な資産を手にし、思うがままに権力を握ったウダイの傍で、生死の自由さえ選べなかった男の見たものとは…。ラティフ・ヤヒア本人の手記を基に、『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリ監督が映画化。

スタッフ

監督

リー・タマホリ

キャスト

  • ドミニク・クーパー
  • リュディヴィーヌ・サニエ

作品データ

  • 2012年1月13日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開
  • 原題The devil’s double
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Filmfinance VI 2011 - All Rights Reserved
ジャンル
感情タグ
page top