『ミステリーズ 運命のリスボン』作品情報

2012年10月13日 公開の映画作品

あらすじ

19世紀前半、王政派とリベラル派による内戦が勃発していたポルトガル王国で、名字のない14歳の少年ジョアンはリスボンの寄宿舎に身を置いていた。彼は出生の秘密を解き明かすキーパーソン、ディニス神父に保護され、孤児院で暮らしている。ある日、ついにジョアンは今は伯爵夫人となった実母のアンジェラと念願の対面を果たすが…。

スタッフ

監督

ラウル・ルイス

キャスト

作品データ

  • 2012年10月13日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題Mysteries Of Lisbon
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© CLAP FILMES (PT) 2010
ジャンル
感情タグ

『ミステリーズ 運命のリスボン』関連記事

メルヴィル・プポー インタビュー 監督は“『スター・ウォーズ』のヨーダ”のよう? 画像
インタビュー

メルヴィル・プポー インタビュー 監督は“『スター・ウォーズ』のヨーダ”のよう?

昨夏に亡くなったチリ出身のラウル・ルイス監督。百本を超える作品を撮りながら、日本で劇場公開された作品は『見出された時 「失われた時を求めて」より』('99)や『クリムト』('06)など、ごくわずかだ。一部に熱狂的なファンはいるものの、日本では“知られざる名匠”であるルイスが病に冒されながら撮り上げた4時間半もの大作『ミステリーズ 運命のリスボン』が公開される。19世紀のポルトガル、フランス、イタリア、そしてブラジルを舞台に、孤児の少年と彼の出生の秘密を知る謎めいた神父、嫉妬や欲望、復讐が渦巻く中を生きる貴族の人々が繰り広げる複雑な人間模様が次々と畳み込まれ、幾重にもなった秘密の奥から思いもよらぬ結末が表れる。豪華絢爛な19世紀の意匠で描く幻想的な作品だ。6月開催のフランス映画祭で上映の折、出演者の1人であるメルヴィル・プポーが来日、話を聞いた。

イケメン仏俳優メルヴィル・プポーに女性客殺到! ロマンティックな人生観語る 画像
レポート

イケメン仏俳優メルヴィル・プポーに女性客殺到! ロマンティックな人生観語る

先日、閉幕した「20th アニバーサリーフランス映画祭」の出品作『ミステリーズ・オブ・リスボン』(仮題)を引っさげ来日を果たしたフランス人俳優メルヴィル・プポーが、6月25日(月)、同映画祭と「Apple Store, Ginza」のコラボイベントに登壇。作品の見どころを紐解きながら、子役時代から始まる自身の人生観を明かした。

フランス映画祭来日アーティスト決定! 注目は華麗なる「フランス映画の女たち」 画像
スクープ

フランス映画祭来日アーティスト決定! 注目は華麗なる「フランス映画の女たち」

今年で記念すべき20周年を迎えるフランス映画祭が6月21日(木)より4日間にわたり開催される。本映画祭で、今月16日(現地時間)に開幕する第65回カンヌ国際映画祭にも出品される日本未公開のアニメーション『アーネストとセレスティーヌ』がいちはやく上映されることが決定。さらに、『アデル/ファラオと復活の秘薬』のルイーズ・ブルワゴンら総勢約20名の豪華アーティストの来日が発表された。

“旬”のフランスが盛りだくさん! 20周年「フランス映画祭」ラインナップ発表 画像
レポート

“旬”のフランスが盛りだくさん! 20周年「フランス映画祭」ラインナップ発表

今年で記念すべき20周年を迎えるフランス映画祭が6月21日(木)より4日間にわたり開催される。このたびその上映ラインナップが決定。長編作品から短編作品まで、いま最も旬なフランス映画が日本に上陸する!

page top