『東ベルリンから来た女』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ベルリンの壁崩壊の9年前の1980年夏、旧東ドイツにひとりの美しい女医・バルバラがやって来た。かつては大病院に勤務していたが、西側への移住申請を政府に撥ねつけられ、秘密警察(シュタージ)の監視付きでこの地に左遷されてきたのだ。西ベルリンにいる恋人・ヨルクとの秘密の逢瀬や、自由を奪われた毎日に神経がすり減っていく。そんなバルバラの心の支えとなるのは患者への献身と、医者としてのプライド。それと同時に、新しい病院の同僚・アンドレの誠実な医師としての姿に、尊敬の念を越えた感情を抱き始めるが、ヨルクの手引きによる西側への“脱出”の日は、刻々と近づいていた――。

スタッフ

監督

クリスティアン・ペツォールト

キャスト

  • ニーナ・ホス
  • ロナルト・ツェアフェルト
  • ライナー・ボック

作品データ

  • 2013年1月19日よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開
  • 原題Barbara
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© SCHRAMM FILM / ZDF / ARTE 2012
ジャンル
感情タグ
page top