『母の唄がきこえる』作品情報

2013年4月20日 公開の映画作品

あらすじ

真冬の長野。小さな鉄道路線の廃止を知って、東京からそれぞれ帰って来る姉と妹。電車の車窓にながれゆく懐かしい故郷の姿を見ながら、姉と妹は父や亡き母などの思い出を胸に、生まれ育った家へと向かう。一方、電鉄会社で車両整備士をしている父は、廃止と時期を同じくして定年を迎え、これまでの人生を振り返り、亡き妻や娘たちへの詫びる気持ちを込めて、家までの道のりを線路沿いに歩いて帰って行く。家が近づくにつれ、父の存在の大きさに気づき、再会をためらう姉と妹。そして父の悔恨。家族が家族であることをつなぎとめたのは、亡き母のあたたかさ、何でもなかった家族の日常、物言わぬ父の愛情だった――。

スタッフ

監督

大谷康之

キャスト

  • 菅田俊
  • 菜葉菜
  • 大島葉子
  • 笠原のあ
  • 中村陽香
  • 河野魁人
  • 牧藍人

作品データ

  • 2013年4月20日より渋谷ユーロスペースにてレイトショー上映
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 『母の唄がきこえる』製作委員会
ジャンル
感情タグ
page top