『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1974年、ニューヨーク。クリス(クライヴ・オーウェン)は、かつて起こした殺人事件により服役し、7年ぶりに出所した。冴えない表情で迎えにきたのは彼の弟、フランク(ビリー・クラダップ)。真逆の性格の二人はその生き方も全く異なり、犯罪に手を染め続けた兄とは正反対に、フランクは優秀な警察官になっていた。出所後、フランクはクリスを自分の家に住ませ、仕事を探し、クリスの別れた妻、モニカ(マリオン・コティヤール)と子供たちとの復縁を手助けたりと、心を入れ替えた兄を受け入れようとしていた。そんなある日、クリスは過去の犯罪歴がバレて失職し自暴自棄となる。兄のためにと尽力していたフランクは、そんな兄の姿に苛立を覚え徐々に溝が深まっていく…。

スタッフ

監督

ギョーム・カネ

キャスト

作品データ

  • 2014年7月19日より渋谷シネパレスほか全国にて公開
  • 原題Blood Ties
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Les Productions du Tresor – Caneo Films
ジャンル
感情タグ
page top