『ヴィオレット-ある作家の肖像-』作品情報

2015年12月19日 公開の映画作品

あらすじ

1907年、私生児として生まれたヴィオレット。映画では、彼女が小説を書き始める頃からが描かれる。ボーヴォワールと出会い、才能を認められ、戦後間もない1946年に処女作「窒息」を出版。女性として初めて、自分自身の生と性を赤裸々に書き、ボーヴォワールだけでなく、カミュ、サルトル、ジュネら錚々たる作家に絶賛されたものの、当時の社会には受け入れらなかった。傷ついたヴィオレットは、パリを離れ、プロヴァンスに移り、そこで自身の集大成ともいえる新作「私生児」の執筆にとりかかりはじめるが…。

スタッフ

監督

マルタン・プロヴォ

キャスト

作品データ

  • 2015年12月19日より岩波ホールほか全国にて公開
  • 原題VIOLETTE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© TS PRODUCTIONS - 2013
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top