『Maiko ふたたびの白鳥』作品情報

2016年2月20日 公開の映画作品

あらすじ

15歳で単身日本を離れ、名門ロイヤル・バレエスクールに 留学。19歳でノルウェー国立バレエ団に入団。2005年、25歳で東洋人初のプリンシパルとなった西野麻衣子。172cmの長身と長い手足を生かしたダイナミックかつエレガントな踊りで、芸術活動に貢献した人に贈られる「ノルウェー評論文化賞」も受賞し、今やノルウェーで知らぬ人はいないと言われる存在である。私生活はオペラハウスで芸術監督をする夫・ニコライと暮らす彼女の素顔はイキのいい大阪弁を話すパワフルな女性!本作はそんな彼女ががトップダンサーとして最も充実した時期に子供が欲しい気持ちとキャリアの間で心が揺れる矢先、予期せず妊娠し、出産を経て、クラシックバレエでも屈指の難役である「白鳥の湖」の主役にふたたび挑戦する懸命な姿を追う。また、麻衣子が最も尊敬する女性であるパワフルな“大阪のおかん”衣津栄や、自身が育休をとり、復帰を決意した麻衣子の背中を押す夫ニコライなど麻衣子を支える暖かい家族ドラマも必見。感情が深く揺さぶられ落涙を免れない、これまでにない美しくも親密なバレエドキュメンタリーが誕生した。

スタッフ

監督

オセ・スベンハイム・ドリブネス

キャスト

  • 西野麻衣子
  • 西野衣津栄

作品データ

  • 2016年2月20日よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top