『ダゲレオタイプの女』作品情報

2016年10月15日 公開の映画作品

あらすじ

職を探していたジャンは、ひょんなことから、ダゲレオタイプの写真を撮り続けている写真家ステファンの弟子として働き始めることに なる。ステファンの家では、娘のマリーが何十分も器具に固定されていて、写真の被写体としての役目を果たしている。 ステファンの妻ドゥニーズも、彼のダゲレオタイプ写真の被写体となっていたが、昔、屋敷内で首を吊って自殺してしまっていた。 ドゥニーズの亡霊におびえるステファン。マリーに惹かれ始めたジャンは、マリーがドゥニーズの二の舞にならないように、彼女を屋敷の 外に連れ出そうとするが…。

スタッフ

監督

黒沢清

キャスト

作品データ

  • 2016年10月15日より全国にて公開
  • 原題La Femme de la Plaque Argentique
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema
ジャンル
感情タグ

『ダゲレオタイプの女』関連記事

黒沢清監督×浅野忠信トークショーを開催! お互いの最新作を絶賛 画像
レポート

黒沢清監督×浅野忠信トークショーを開催! お互いの最新作を絶賛

オール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた黒沢清監督初の海外進出作品となる最新作『ダゲレオタイプの女』。この

米アカデミー会員に選出! 黒沢清監督の魅力に迫る 画像
洋画ニュース

米アカデミー会員に選出! 黒沢清監督の魅力に迫る

今年、西島秀俊と実に4度目のタッグとなった『クリーピー 偽りの隣人』が公開され、10月には初めてオール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた最新作『ダゲレオタイプの女』が控えている黒沢清監督。いま、日本のみならず、世界中に熱狂的

黒沢清監督最新作、「トロント国際映画祭」ワールドプレミア上映決定!「何と痛快なこと」 画像
洋画ニュース

黒沢清監督最新作、「トロント国際映画祭」ワールドプレミア上映決定!「何と痛快なこと」

黒沢清監督が初めてオール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた最新作『ダゲレオタイプの女』が、「第41回トロント国際映画祭」スペシャル・プレゼンテーション部門に正式出品されることがこのほど決定。また、併せて本作の特報映像も到着した。

黒沢清監督、初海外作品『ダゲレオタイプの女』今秋公開へ 画像
洋画ニュース

黒沢清監督、初海外作品『ダゲレオタイプの女』今秋公開へ

『CURE』『トウキョウソナタ』など日本国内のみならず世界中から熱狂的な支持を集める黒沢清監督が、前編フランス語で撮りあげた初の海外作品…

page top