『いしぶみ』作品情報

2016年7月16日 公開の映画作品

あらすじ

太平洋戦争末期、それまでたった一度しか空襲がなかった広島市には、東京や大阪から多くの子どもたちが疎開してきました。戦争も最終段階に入ったこの頃は、労働力不足を補うために、中学生も建物の解体作業や農作業 などにかり出されました。学校で勉強できる日は少なく、夏休みもありませんでしたが、みんな日本の勝利を信 じて一生懸命働きました。昭和 20 年 8 月 6 日は、朝から暑い夏の日でした。この日、建物の解体作業のため、朝早くから広島二中の一年 生は本川の土手に集まっていました。端から、1、2、3、4、…と点呼を終えたその時でした。500 メー トル先の上空で爆発した原子爆弾が彼らの未来を一瞬にして奪ったのです。 少年たちは、元気だった最後の瞬間、落ちてくる原子爆弾を見つめていました。 あの日、少年たちに何が起きたのか...。遺族の手記に残された死にゆく彼らの最後の言葉を伝えます。

スタッフ

監督

是枝裕和

キャスト

  • 綾瀬はるか
  • 池上彰

作品データ

  • 2016年7月16日よりポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場、広島・八丁座ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 広島テレビ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top