『サンマとカタール〜女川つながる人々』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

宮城県女川町。「あの日」、この町では住民の1割近くが犠牲となり、8割 近くが住まいを失った。女川町の復興に、最初に希望の光を灯したのは中東 カタール。大型冷蔵冷凍庫「マスカー」の操業が復興の第一歩となった。あ れから4年。町内は、町の中心部全部を更地にして嵩上げする工事が、2015 年3月のJR女川駅開通「町びらき」に向けて休むことなく進んでいた。町づ くりの中心は若者たち。水産業を営む阿部淳(あつし)さんは、震災の翌春 に祭りを企画。批判を浴びながらの開催だったが、その祭「復幸祭(ふっこ うさい)」も大きく成長。JR女川駅の開通に合わせた2015年の復幸祭も、津波が来たら高台に逃げることを伝承する「復幸男」レースの、「逃げろー!」という合図で始まった。すべては津波の記憶を未来に伝えるため…。そして2015年12月、駅前商店街とプロムナードがオープン。新しい女川のカタチが見えてきた。カタールが灯した復興の灯は、大きな希望となって女川の未来へ続いていく。

スタッフ

監督

乾弘明

キャスト

作品データ

  • 2016年5月7日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2016 Japan-Qatar Partners
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top