ドラマ 『第九条』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

20XX年、時の政府は日本国憲法第九条の改正の検討に入った。それに伴い、国民の意思を聞くため、各年代別に諮問委員会を作り、諮問委員会は第九条は維持か? 破棄か? の全員一致の結論を求められた。そして、その結論の意見の多い方に政府は従うとした。20代以外の諮問委員会の結論は、維持と破棄が五分五分。これから開かれる20代の諮問委員会の結論が日本の運命を握ることとなた。諮問委員会のメンバーは様々な職種の20代の若者12人。改正派、維持派、中間派、この問題に興味のない者、皆、様々な意見を持った12人だったが、議論は徐々に熱くなって行く。憲法の成り立ち、今の憲法が抱える問題点が分かり易く浮き彫りになって行き、議論は深まって行く。それぞれが、日本の未来、若者の未来を真剣に考え、自分の想いを吐露して行き、議論は日本の運命を決める結論に向かってひた走っていく。果たして、彼らの出した結論は? 日本の運命は?

スタッフ

監督

宮本正樹

キャスト

  • 南圭介
  • タモト清嵐
  • 馬場良馬
  • 松本寛

作品データ

  • 2016年7月2日より横浜ブリリアショートショートシアターほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年2016
  • 製作国日本
  • 上映時間78分
  • 映倫区分
  • 配給会社クラスター
  • クレジット© 2016映画「第九条」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top