『20センチュリー・ウーマン』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジュリー(エル・ファニング)に「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

スタッフ

監督

マイク・ミルズ

キャスト

作品データ

  • 2017年6月3日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開
  • 原題20th Century Women
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『20センチュリー・ウーマン』関連記事

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【2/10~】 画像
スクープ

映画三昧!東京都の“ミニシアター・特集上映映画”情報【2/10~】

シネマカフェでは都内のミニシアターの公開映画情報や、名画座ならではの名作特集、ユニークな“オールナイト上映”イベントなどを、編集部のオススメ目線でまとめてご紹介!

【今週末公開の注目作】『LOGAN/ローガン』『武曲 MUKOKU』ほか 画像
スクープ

【今週末公開の注目作】『LOGAN/ローガン』『武曲 MUKOKU』ほか

ヒュー・ジャックマンが17年に渡り、孤高のヒーロー・ウルヴァリンを演じ、そのフィナーレを飾る最新作。死身の超人ではなくなったローガンの壮絶な生き様、邪悪な敵に追われる少女との間に芽生える父娘の

【特別映像】グレタ・ガーウィグらが語る“20世紀の女性たち”「変革の時代だった」 画像
洋画ニュース

【特別映像】グレタ・ガーウィグらが語る“20世紀の女性たち”「変革の時代だった」

15歳という年ごろを迎えた息子とシングルマザー、さらに2人の個性的な女性たちの夏の交流を描く『20センチュリー・ウーマン』。本作で描かれる“20世紀の女性たち”について

グレタ・ガーウィグ、パンキッシュな役作りのモデルはデヴィッド・ボウイ? 画像
洋画ニュース

グレタ・ガーウィグ、パンキッシュな役作りのモデルはデヴィッド・ボウイ?

前作『人生はビギナーズ』(’10)で、75歳でゲイであることをカミングアウトした自らの父親と自分自身の関係を描いたマイク・ミルズ監督。6年ぶりの新作『20センチュリー・ウーマン』は、自身が生まれ育った故郷を舞台に、今度は自らの母親を

【ご招待】『20センチュリー・ウーマン』試写会に10組20名様 画像
イベント

【ご招待】『20センチュリー・ウーマン』試写会に10組20名様

〆切り:5月17日(水)

【予告編】15歳の“ボク”と彼女たちとの特別な夏…監督マイク・ミルズも来日 画像
洋画ニュース

【予告編】15歳の“ボク”と彼女たちとの特別な夏…監督マイク・ミルズも来日

アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグら各世代の実力派女優たちを迎え、『人生はビギナーズ』のマイク・ミルズ監督がは自身の母親をテーマに描く

【特報映像】アネット・ベニング&エル・ファニング、“15歳のボク”を翻弄 画像
洋画ニュース

【特報映像】アネット・ベニング&エル・ファニング、“15歳のボク”を翻弄

『人生はビギナーズ』でゲイの父親を描き、絶賛を受けたマイク・ミルズ監督が、今度はアネット・ベニングを主演に自身の母親をテーマにした『20センチュリー・ウーマン』。このほど、その公開日が

page top