音楽/ ドキュメンタリー 『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』作品情報

2018年12月15日 公開の映画作品

あらすじ

世界初の女性のみのパンクロック・グループ「スリッツ」の歴史を、70年代中ごろのバンド結成時から解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の製作中に癌でヴォーカルのアリ・アップが亡くなるまでを追ったドキュメンタリー映画。

スタッフ

監督

ウィリアム・E・バッジリー

キャスト

  • ドン・レッツ
  • ヴィヴ・アルバータイン
  • ポール・クック
  • アリ・アップ
  • デニス・ボーヴェル
  • テッサ・ポリット
  • ケイト・コラス
  • バッジー

作品データ

  • 2018年12月15日より新宿シネマカリテにて3週間限定公開、ほか全国順次公開
  • 原題HERE TO BE HEARD: THE STORY OF THE SLITS
  • 製作年2017
  • 製作国イギリス
  • 上映時間86分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ビーズインターナショナル
  • クレジット© Here To Be Heard Limited 2017
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top