ドキュメンタリー 『ようこそ、革命シネマへ』作品情報

2020年6月1日 公開の映画作品

あらすじ

アフリカの北に位置するスーダン。1956年の独立後、海外で映画を学んだイブラヒム、スレイマン、エルタイブ、マナルの4人は、スーダンで映画を製作してきた。彼らは、母国スーダンに映画文化を根づかせようと、1989年に「スーダン・フィルム・グループ」を設立するが、同年に軍事独裁政権が誕生すると言論の自由は奪われ、映画は発禁処分となり、彼らは政治犯として拘禁されたり、国外への亡命を余儀なくされた――。20年以上もの時を経て、還暦をすぎた4人は、母国スーダンで再会し、「映画を再びスーダンの人々のもとに取り戻したい」というスローガンのもと、一夜限りで映画館を復活させるために行動を開始する。電気もままならない生活環境に加え、独裁政権下のスーダンでの上映は困難を極めるものだった。果たして、彼らの努力は実を結び、映画を復活させることはできるのかーー。映画人たちの目線を通して、国民が失ったもの、愛する国の美しさ、独裁政権下の生活・恐怖が浮き彫りになっていく。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ようこそ、革命シネマへ』予告 『ようこそ、革命シネマへ』予告

スタッフ

監督

スハイブ・ガスメルバリ

キャスト

  • イブラヒム・シャダッド
  • スレイマン・イブラヒム
  • エルタイブ・マフディ
  • マナル・アルヒロ

作品データ

  • 2020年6月1日より、ユーロスペースにて再上映
  • 原題
  • 製作年2019
  • 製作国フランス、スーダン、ドイツ、チャド、カタール
  • 上映時間97分
  • 映倫区分
  • 配給会社アニモプロデュース
  • クレジット© AGAT Films & Cie – Sudanese Film Group - MADE IN GERMANY Filmproduktion - GOÏ-GOÏ Productions - Vidéo de Poche – Doha Film Institute - 2019
ジャンル
感情タグ
page top