ドキュメンタリー/ 社会派 『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』作品情報

2021年3月20日 公開の映画作品

あらすじ

私宅監置という歴史の闇を明るみに出すドキュメンタリー映画。沖縄に拠点をおき、この問題を追いかけ続けてきたフリーTVディレクター・原義和が初監督する渾身の一作。私宅監置、それは1900年制定の精神病者監護法に基づき、精神障がい者を小屋などに隔離した、かつての制度。1950年に日本本土では禁止になったこの制度は、沖縄では「日本復帰」した1972年まで残った。隔離の犠牲者は人生を奪われ、尊厳を深く傷つけられたまま、「家族の恥」「地域の恥」、ひいては「日本の恥」として闇に葬られ、公的な調査や検証は行われていない。原は、1964年に東京から沖縄へ派遣された精神科医、岡庭武さんが記録した写真と当時のメモを頼りに、犠牲者の消息をたどっていく。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』予告 『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』予告

スタッフ

監督

原義和

キャスト

作品データ

  • 2021年3月20日より東京K’s cinemaほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年2020
  • 製作国日本
  • 上映時間97分
  • 映倫区分
  • 配給会社新日本映画社
  • クレジット©️2020 原 義和  
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top