ロマンス/ 漫画原作 『しなの川』作品情報

1973年11月3日 公開の映画作品

あらすじ

昭和3年、17歳の朝田竜吉は、十日町の高野家に奉公となる。高等女学校3年生の娘の高野雪絵と知り合う。雪絵は、駆け落ちした母親のことを気にしていた。その後、雪絵は長岡の高女に転校させられ、竜吉とは離れ離れになる。昭和5年、高女の国語教師で左翼の沖島雄介と恋仲になり、駆け落ちすることとなる。しかし、処女を与えた後、疎遠となる。十日町にかえり、雪絵と竜吉は再会する。そして、信濃川に落ちて心中するが、どちらも命は助かる。母が佐渡にいると聞いた雪絵は、母を訪ねまわり、ついに母に再会する。そして父親が同性愛者であること、雪絵の父は父親ではないこと、さらに女としての生き方について母から話を聞く。雪絵は自分の中に流れている母の血を感じて母と和解し、家に戻ってから父親をも許し、父の進める縁談を受けることにする。嫁入りの日、雪絵の姿を見つめる竜吉は満州へと旅立つ。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

野村芳太郎

キャスト

  • 由美かおる高野雪絵
  • 仲雅美朝田竜吉
  • 岡田裕介沖島雄介
  • 仲谷昇高野淳三郎

作品データ

  • 原題
  • 製作年1973
  • 製作国日本
  • 上映時間91分
  • 映倫区分G
  • 配給会社松竹
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top