時代劇/ ロマンス 『虹を抱く処女』作品情報

1948年11月16日 公開の映画作品

あらすじ

看護婦のあき子は、音楽家の日高に惹かれていた。しかし日高は結核を患っており、作曲の悩みや貧しい生活を抱えているため、あき子の想いに応えることができずにいた。ある日、あき子が勤める病院に三津田という男が現れる。彼は戦争中に病で倒れたとき、あき子に助けてもらったことがあった。それ以来、あき子を探していたのだと言う。三津田はあき子に結婚を申し込んできた。あき子はあまりのことに戸惑い悩む。三津田は会社社長の息子で健康な紳士だ。あき子の周囲の人間は三津田との結婚を勧めた。しかしあき子は、日高のことが忘れられずにいた。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

佐伯清

キャスト

  • 高峰秀子北条あき子
  • 上原謙日高光太郎
  • 若原雅夫三津田剛
  • 宇野重吉石塚守兵
  • 田中春男大町北夫
  • 落合富子椿芳枝

作品データ

  • 原題
  • 製作年1948
  • 製作国日本
  • 上映時間87分
  • 映倫区分G
  • 配給会社新東宝
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top