※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『1PM-ワン・アメリカン・ムービー』作品情報

2023年4月22日 公開の映画作品 劇場公開

あらすじ

激動の 1968 年の秋、ゴダールは『1AM』(『ワン・アメリカン・ムービー』)なる企画のため、アメリカ合衆国の反体制的な政治と文化の状況に目を向ける。カメラを回すのは、ダイレクト・シネマの旗手リーコックとペネベイカーである。だが、ヌーヴェル・ヴァーグを牽引した末にいまや商業映画と訣別するに至ったゴダールと、ドキュメンタリー映画界の革命児たちの夢の共同作業は編集段階で頓挫してしまう。『1PM』は、ゴダールが放棄したフッテージをペネベイカーが繋ぎ合わせて作った映画である。ここでは、現実と虚構を掛け合わせようとするゴダールの目論見と、現実を未加工のまま提示しようとするダイレクト・シネマの手法がせめぎ合っている。黒豹(ブラックパンサー)党のエルドリッジ・クリーヴァーの談話や、ジェファーソン・エアプレインの印象的なパフォーマンスを捉えた記録映像を通じて、ありえたかもしれないゴダール映画を透かし見るのも一興だろう。

予告動画・特別映像

  • 『1PM-ワン・アメリカン・ムービー』予告編 『1PM-ワン・アメリカン・ムービー』予告編

スタッフ

監督

D・A・ペネベイカー

監督

リチャード・リーコック

キャスト

  • ジャン=リュック・ゴダール
  • リップ・トーン
  • ルロイ・ジョーンズ
  • エルドリッジ・クリーヴァー
  • トム・ヘイドン
  • ジェファーソン・エアプレイン

作品データ

  • 2023年4月22日(土)より新宿・K’s cinema ほか全国順次公開
  • 原題1PM
  • 公開日 2023年4月22日
  • 製作年1971
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間90分
  • 映倫区分
  • 配給会社アダンソニア、ブロードウェイ
  • クレジット©Pennebaker Hegedus Films / Jane Balfour Service
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top