歓喜の歌

「あえて面白く表現しない面白さ」『歓喜の歌』の小林薫が語る“面白さの量” 画像

「あえて面白く表現しない面白さ」『歓喜の歌』の小林薫が語る“面白さの量”

いま、最もチケットが取れないと言われている落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化した『歓喜の歌』。年の瀬迫る12月30日、小さな町の市民会館を舞台に、そこで働く飯塚主任が被るトラブルの数々を面白可笑しく描いた本作。優柔不断で事なかれ主義、責任逃れが常套手段という、ちょっとダメな男、飯塚主任を演じた小林薫さんに話を聞いた。

羽野晶紀、夫婦を語る。「すれ違いですか? うちは会話はありますよ!」 画像

羽野晶紀、夫婦を語る。「すれ違いですか? うちは会話はありますよ!」

立川志の輔による人気新作落語を映画化した『歓喜の歌』。市民ホールの職員が年末のママさんコーラスグループの市民ホールの予約を、ダブルブッキングしてしまったことに端を発した騒動を、人情豊かに描いた本作。主人公の中年男性の夫婦関係を始め、随所に登場人物たちの家庭の事情が映し出されるのも、見どころのひとつ。しかも本作の公開は2月2日(=夫婦の日)。これにちなんで1月29日(火)、結婚生活6年目を迎え、最近女優業に復帰した羽野晶紀に“良き夫婦”そして“母”について語ってもらうというトークイベントが開催された。

歌う映画vol.3 安良城紅が歌う“クラシック”を聴け 画像

歌う映画vol.3 安良城紅が歌う“クラシック”を聴け

今月は、歌がカギになっている映画をご紹介しています。なぜなら、不思議と今年は冒頭から、歌が大切な要素になっている作品が続いているから。そもそも、日本人は歌が大好き。カラオケがここまで発展し、世界に誇る日本文化にまでのし上げたのも、きっと歌う歓び、爽快感を心底理解していたからにほかなりません。

歌う映画vol.2 歌う歓びをあなたにも 画像

歌う映画vol.2 歌う歓びをあなたにも

昨年末、生の「第九」の迫力に歓喜し、涙した私。今年の年末には、アレを実際に歌いたいと周囲に触れ回っています。そんな私、必見の映画を見つけて早速観てまいりました。

養子に出した子が親を超えた? “生みの親”志の輔師匠絶賛の『歓喜の歌』完成披露 画像

養子に出した子が親を超えた? “生みの親”志の輔師匠絶賛の『歓喜の歌』完成披露

いま、最もチケットを取るのが難しいと言われる落語家、立川志の輔の新作落語を映画化した『歓喜の歌』。地方都市の文化会館を舞台に、ママさんコーラスグループの大晦日コンサートのダブルブッキングに端を発した悲喜こもごもの人間ドラマを描いた本作。11月15日(木)に完成披露試写会が行われ、志の輔師匠に主演の小林薫、安田成美、由紀さおり、浅田美代子、藤田弓子、松岡錠司監督が舞台挨拶に登壇した。

安田成美VS由紀さおり? 日本一暑い街で冬物衣裳で熱唱『歓喜の歌』クランクアップ 画像

安田成美VS由紀さおり? 日本一暑い街で冬物衣裳で熱唱『歓喜の歌』クランクアップ

“みたまレディースコーラス”と“みたま町コーラスガールズ”。この似た名前のコーラスグループの、よりによって大晦日の日のコンサート予約をダブルブッキングしてしまった、とある地方都市の市民会館。刻々と迫るタイムリミットに加え、それぞれの事情と都合の数々が絡み合って…。立川志の輔の新作落語を原作に、市井に生きる人々の悲喜こもごもを描いた『歓喜の歌』。9月1日(土)、埼玉県熊谷市の妻沼中央公民館大ホールにて、700人のエキストラを前にしての、壮大なクライマックスの合唱シーンの撮影が報道陣に公開され、その後のクランクアップ記者会見に主演の小林薫に安田成美、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、そして松岡錠司監督が出席した。

    Page 1 of 1
    page top