アバター(3 ページ目)

【ハリウッドより愛をこめて】アカデミー賞の壮大博物館計画が再始動? 画像

【ハリウッドより愛をこめて】アカデミー賞の壮大博物館計画が再始動?

みなさん、こんにちは。

お味はどれが一番? アカデミー賞ノミネート作品にちなんだメニューの数々を公開 画像

お味はどれが一番? アカデミー賞ノミネート作品にちなんだメニューの数々を公開

約2週間後に控える、第82回アカデミー賞授賞式。会場となるハリウッドのコダック・シアターには数々のスター、そして世界各国のメディアが一堂に会するが、同日、実は東海岸ニューヨークでもこの年に一度の祭典を盛大に祝う、オスカー・パーティが映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の会員を集めて毎年開催されている。先日、そのパーティの席でゲストに振舞われる、ノミネート映画にちなんだユニークなメニューの数々がお目見えとなった。

【読者レビューをウォッチ】『アバター』旋風に負けず、邦画勢に高ポイント続々 画像

【読者レビューをウォッチ】『アバター』旋風に負けず、邦画勢に高ポイント続々

アカデミー賞へのノミネーションがさらに拍車をかける形で、国内興収100億円を突破したジェームズ・キャメロン監督作『アバター』が不動の観客動員ランキング1位を維持する中、現在公開中の映画で健闘を見せているのが1月公開の邦画勢。そのヒットの理由とは? シネマカフェの映画体感型サイト「シネマライブ!」に投稿された読者レビューから見えてくる、映画の感想、採点、そして評論家の意見とはひと味違う、“本当の”満足度とは? 観客の視点でウォッチ!

決戦を前に意外にも和気あいあい。オスカー候補者が勢ぞろいの昼食会開催 画像

決戦を前に意外にも和気あいあい。オスカー候補者が勢ぞろいの昼食会開催

授賞式を3週間後に控えた第82回アカデミー賞の候補者の昼食会が15日、ロサンゼルスのビヴァリー・ヒルトン・ホテルで開催され、各賞の候補者たちが一堂に会した。

日本でも大台 『アバター』国内興収100億円突破!『タイタニック』より32日早く 画像

日本でも大台 『アバター』国内興収100億円突破!『タイタニック』より32日早く

全世界歴代興行収入新記録樹立、さらにアカデミー賞で9部門ノミネートと昨年末の公開以来、大きな話題を呼んできた『アバター』の日本国内での興行収入が大台の100億円を突破した。

田丸麻紀が明かす、ホラーの現場の意外な真実? 「プレミア・ナビ」収録現場公開 画像

田丸麻紀が明かす、ホラーの現場の意外な真実? 「プレミア・ナビ」収録現場公開

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」にて、毎週土曜日の20:55から、様々な映画作品を放映する「ムービープラス・プレミア」。その本編の放映前に映画好きで知られる小堺一機がゲストと共に映画の見どころを紹介する「プレミア・ナビ」の収録の様子が公開された。2月のゲストは女優の田丸麻紀。2人は様々な映画談義に花を咲かせた。

アカデミー賞候補が決定! キャメロンVSビグローの元夫婦が最多9部門で対決 画像

アカデミー賞候補が決定! キャメロンVSビグローの元夫婦が最多9部門で対決

第82回アカデミー賞の候補が2日未明(現地時間)にロサンゼルスで発表され、『アバター』と『ハート・ロッカー』が最多9部門でノミネートされた。

K・ビグローが全米監督協会賞で女性監督初の快挙! 会場にはブランジェリーナも 画像

K・ビグローが全米監督協会賞で女性監督初の快挙! 会場にはブランジェリーナも

1月30日(現地時間)、カリフォルニア州センチュリー・シティのハイアット・リージェンシー・センチュリー・プラザで第62回全米監督協会(DGA)賞授賞式が行われ、『ハート・ロッカー』(写真)のキャサリン・ビグロー監督が最高賞を受賞、女性監督として初の快挙となった。

『アバター』ついに『タイタニック』超え! 歴代世界興収を塗り替える 画像

『アバター』ついに『タイタニック』超え! 歴代世界興収を塗り替える

ついに歴史的瞬間が到来! 昨年12月より公開され、全世界で大ヒットを記録しているジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が、1月25日の段階の全世界興行収入で18億5,500万ドル以上を達成する見通しとなり、これまで1位だった、同じくキャメロン監督作『タイタニック』の18億4,290万ドルを抜き、歴代新記録を達成することが確実となった。

サンドラ・ブロック快進撃! 全米映画俳優組合(SAG)賞発表 画像

サンドラ・ブロック快進撃! 全米映画俳優組合(SAG)賞発表

全米の映画・テレビ俳優が加盟する映画俳優組合(SAG)の組合員投票によって決まる第16回映画俳優組合賞授賞式が23日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催された。

徐々にオスカー候補が見えてきた? 英国アカデミー賞候補が発表に 画像

徐々にオスカー候補が見えてきた? 英国アカデミー賞候補が発表に

21日、英国アカデミー賞(BAFTA)ノミネーションが発表され、『アバター』、『ハート・ロッカー』(写真)、『17歳の肖像』の3本がそれぞれ最多8部門で候補に選出された。

【シネマモード】ゴールデン・グローブに見る、2010年注目の俳優&女優は? 画像

【シネマモード】ゴールデン・グローブに見る、2010年注目の俳優&女優は?

去る1月17日(米ロサンゼルス現地時間)、映画界の賞レースの終盤戦を飾る話題のひとつ、第67回ゴールデン・グローブ賞が発表されました。

ゴールデン・グローブ賞発表! 『アバター』が2冠 画像

ゴールデン・グローブ賞発表! 『アバター』が2冠

17日(現地時間)、第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催され、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が映画ドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞した。

C・イーストウッド奮戦! そして映画ファンが選ぶ2009年ベストムービーは…? 画像

C・イーストウッド奮戦! そして映画ファンが選ぶ2009年ベストムービーは…?

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」とシネマコンプレックスチェーンのユナイテッド・シネマ株式会社、シネマカフェの3社協同で2009年のベスト・ムービーを決める「ベスト・オブ・ベスト アワード 2009」。昨年国内で公開された映画を対象に、一般の映画ファンによる投票により、ベスト作品やベスト監督などを選定する同賞がこのほど決定した!

今年は洋画復権? 『アバター』に続け!大物監督話題作が続々公開 2010年前半戦 画像

今年は洋画復権? 『アバター』に続け!大物監督話題作が続々公開 2010年前半戦

邦画の好調と共に洋画の興行的な低迷が叫ばれて久しいが、そんな状況に風穴を開けたのがジェームズ・キャメロン監督の渾身の一作『アバター』。公開後3週連続で興行成績トップを獲得し、日本国内でも50億円を突破という景気のいいニュースで幕を開けた2010年。これに続けとばかり、今年は“洋画復権”をうががう、有名監督による大作、賞レースでも話題を呼んでいるエンターテイメント作品など話題作が目白押し!

『タイタニック』越え見えた?『アバター』旋風止まず オスカー候補も奮闘の全米戦線 画像

『タイタニック』越え見えた?『アバター』旋風止まず オスカー候補も奮闘の全米戦線

昨年末から始まった賞レースで沸き立つ全米の映画界だが、劇場興行でもオスカー有力候補作品の登場で大盛況! 正月の目玉作品としてここ日本でも大ヒット上映中のジェームズ・キャメロン監督による3D超大作『アバター』が12月18日の公開以来、全米興行ランキング1位を占拠、世界中で大旋風を巻き起こしている。

ブラピ再降臨 vs J・デップ!写真でふり返る来日ハリウッドスター2009【後編】 画像

ブラピ再降臨 vs J・デップ!写真でふり返る来日ハリウッドスター2009【後編】

2009年の映画界の動向を来日したハリウッドスターでふり返り! 前編ではブランジェリーナに『トワイライト』一同、ザック・エフロン&ヴァネッサ・ハジェンスなどの来日の模様をふり返ったが、下半期も大物スターが続々。

『アバター』ヒロインが明かす“開放感” 「5歳の子供のように心を開いて演じたわ」 画像

『アバター』ヒロインが明かす“開放感” 「5歳の子供のように心を開いて演じたわ」

ジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりとなる渾身の一作『アバター』。本作で、美しき惑星パンドラの先住民族・ナヴィの娘、ネイティリを演じたのは、『バンテージ・ポイント』、『スター・トレック』での好演が光るゾーイ・サルダナ。本作でも、鉱物資源を求めパンドラへと兵を進める人類から故郷を守るべく戦い、そしてサム・ワーシントン扮するジェイクと恋に落ちるヒロインを熱演している。環境問題、資源を求めての侵略、異なる文化や価値観を持つ者との共存など、2時間半超の物語の中に監督が詰めこんだ様々なテーマを彼女はどのように感じ、どのように演じたのか? 直接話を聞いた。

J・キャメロン、滝川クリステルとの対面に「ビューティフル!」『アバター』プレミア 画像

J・キャメロン、滝川クリステルとの対面に「ビューティフル!」『アバター』プレミア

3DSF超大作『アバター』のジャパン・プレミアが12月21日(月)、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、『タイタニック』以来、12年ぶり6度目の来日を果たしたジェームズ・キャメロン監督が夫人同伴で出席。キャメロン監督のファンというフリーアナウンサーの滝川クリステルらの熱烈な歓迎を受けた。

106か国で大ヒット『アバター』 キャメロンが“新旧”ヒロインに込めた思惑とは… 画像

106か国で大ヒット『アバター』 キャメロンが“新旧”ヒロインに込めた思惑とは…

12月18日(金)に全米はじめ各国で同時公開され、期待を裏切らず106か国で初登場1位を獲得した、年末最大のハリウッド超大作『アバター』。先日発表されたゴールデン・グローブ賞でも作品賞を含む4部門にノミネート、さらにスティーヴン・スピルバーグ監督から「『スター・ウォーズ』以来、最もとんでもなくすごいSF映画だ!」とのお墨付きも得ている本作。その所以は圧倒的なスケール感と映像美。だが、もう一つ着目すべきは、ジェームズ・キャメロン監督が創り上げた“新旧”ヒロインの競演! そのヒロイン像から、監督の女性の好みもまでもが見えてくる——?

サム・ワーシントン、今度は“英雄”ペルセウスに! 来年公開の主演作の最新映像到着 画像

サム・ワーシントン、今度は“英雄”ペルセウスに! 来年公開の主演作の最新映像到着

今年、ハリウッドでブレイクを果たした俳優と言えば、おそらく真っ先に名が挙がるのがサム・ワーシントン。『ターミネーター4』での名演に続き、本日12月18日(金)に全米でついに公開を迎えた『アバター』に主演し、ハリウッドのスターの仲間入りを果たした。そんな、いま最も勢いのある“昇り龍”サムの来年の主演作に関する情報が…。日本では来年のGWに公開される『タイタンの戦い』でサムが演じるのは、ギリシャ神話の英雄・ペルセウス。本作で神や悪魔たちとの激しい戦いに身を投じるサムの最新映像が到着した。

【どちらを観る?】2009年もあとわずか…年末年始オススメ映画レビュー第1弾 画像

【どちらを観る?】2009年もあとわずか…年末年始オススメ映画レビュー第1弾

師走の慌ただしいこの時期はなにかと外食が多くなる。おいしい料理を食べるのはもちろん幸せなことだけれど、外食が続くほど家でゆっくりと手料理を食べたくなったりもする。そこで、年末年始に公開される映画の中でまずオススメしたいのは『ジュリー&ジュリア』。主人公は料理家ジュリア・チャイルドと彼女の料理に魅了されたジュリー・パウエルという2人の女性。食べることが大好きなジュリアはパリでフランス料理に出会い、家庭のキッチンで誰でも作れるフランス料理を作れるレシピ本を作った実在の人物。そして、彼女のそのレシピ本が現代のニューヨークで生きるジュリーの生き方を変えるという人間ドラマだ。美味しそうなフランス料理はもちろん見どころ。でも、それ以上にジュリアとジュリー、2人の女性を陰ながら応援し続ける夫の存在も温かな気持ちにさせてくれる。愛する人、大切な人との食事がどれだけ幸せなことのなのか痛感するだろう。日本ではフランス料理というと、格式が高くとっつきにくい…と思われがち。けれど、この『ジュリー&ジュリア』を観れば、もっと親近感がわくはず!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 3 of 4
page top