ゆっくりとだが確かな足取りでテーマが観る者に近づいてくる『バベル』

最新ニュース

『バベル』 メイン
  • 『バベル』 メイン
  • 『バベル』 サブ3
  • 『バベル』 -(C)2006 by Babel Productions, Inc. All Rights Reserved.
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの映画は、全体像を容易には予測させてくれない。『アモーレス・ペロス』も、『21グラム』も、ラストシーンの瞬間に目の前がパーッと開け、メッセージに包まれるような、そんな映画だった。『バベル』でも、冷えた関係を修復しようとモロッコを旅するアメリカ人夫婦、幼い兄妹を連れてアメリカからメキシコへと国境を越えるベビーシッター、モロッコの小さな村に住む兄弟とその家族、聾唖の日本人少女とその父親の物語を通し、ゆっくりとだが確かな足取りでテーマが観る者に近づいてくる。テーマは、想いを伝え合い、分かり合うことの難しさ、そして大切さ。前回のアカデミー賞作品賞受賞作『クラッシュ』にはタイトル通り、「(他者)とぶつかり合いたい」という思いが充満していたが、それにも似たメンタリティが今回のアカデミー賞を席巻した『バベル』の中にもある。

こうしたアンサンブルドラマで重要となってくるのは各物語に住む登場人物の存在だが、ブラッド・ピットから菊地凛子まで、キャストがそれぞれ素晴らしい仕事をしている。ブラッドは決して好感度が高いとは言えない、旅先で危機に瀕したアメリカ人のステレオタイプを丁寧に演じ、菊地凛子は愛を渇望する少女をまさに体当たりで演じた。ブラッドの妻を演じたケイト・ブランシェットは当初「すごい物語だけれど、私の課題は何?」と戸惑ったそうだが、これは他のキャストも抱いたに違いない率直な感想だろう。『バベル』は各登場人物が紡ぎ出す物語をパズルのピースのように揃えてこそ、各々の役割が見えてくる作品なのだから。真摯で誠実なキャストたちは目の前の課題に素直な気持ちで取り組んでいるが、全体像を知る唯一の人物、イニャリトゥへの絶対的な信頼がなければ、こうはいかない。

《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top