前作から“変身(=トランスフォーム)”? シャイア・ラブーフが明かす成長の軌跡

最新ニュース

『トランスフォーマー/リベンジ』 シャイア・ラブーフ
  • 『トランスフォーマー/リベンジ』 シャイア・ラブーフ
  • 『トランスフォーマー/リベンジ』 シャイア・ラブーフ
  • 『トランスフォーマー/リベンジ』 シャイア・ラブーフ
  • 気さくに質問に応じてくれた
  • 第3弾はあるのか?
  • アクションだけでなく、人間くさいドラマでシャイアの姿を見てみたい気も…
<全米で3週連続興行収入第1位に輝いた『ディスタービア』への主演を皮切りに、次々と話題作への出演を続けるシャイア・ラブーフ。彼の名を一躍世界に知らしめたのが、全世界で7億ドルを超える驚異的な大ヒットを記録した『トランスフォーマー』である。その続編にして、世界中に先駆けてこの日本でまもなく公開を迎える『トランスフォーマー/リベンジ』でシャイアは再び、人類の運命を握る主人公・サムを演じている。23歳にして、ハリウッドで最も注目を集める俳優の一人となったシャイア。その魅力と素顔に迫った。

再びサムを演じる上で、最もチャレンジングだったことは? この問いにシャイアは、自らプライベートで起こした自動車事故を引き合いに出し、劇中のサムと重ね合わせながらこう語った。
「映画の撮影の期間中に事故を起こしたことで、マスコミからはかなり批判を受けたけど、自分が引き起こした結果を謙虚な気持ちできちんと受け止めました。心の面でも成熟し、乗り越えなくてはいけないと強く感じたんです。実際、これだけの規模の作品に携わるということは、すごく大変なことです。撮影を経て、まさに劇中のサムのように成長できたと自分でも感じています」。

シャイア自身、完成した作品を観たのは今回の来日直前だったという。前作を上回る激しいアクションシーンの完成度の高さに満足そうに頷いた。
「僕も、観客と同じ気持ちで観たよ(笑)。大好きだし、スクリーンを通じて同僚に会ってるような気分でした。実は、この作品にはブルーバック(CGなどの映像を合成するための青いスクリーン)は一切使われていないんです。想像力を駆使してそこにはない人やものをイメージして演じるのは難しかったし、ダンスのようにタイミングを合わせながら動くのも苦労しました。個人的には、ジョン・タトゥーロ(=シモンズ役)と再び共演できたのは、すごく嬉しいことでした。彼のアドリブの演技や、彼が持っている独特のカラーに触れることが出来て楽しかったです」。

劇中、シャイアもアドリブで演じることは…?
「Yes! Yes! もちろんあったよ。マイケル(・ベイ監督)は、出演者全てに対してアドリブの演技を期待してるし、元々、僕がこの役に起用されたのは、アドリブで演じることができるというところにもあると思います」。

アクション以外のシーンでも、サムは恋人のミカエラ(ミーガン・フォックス)、そして新たに本作で登場するアリス(イザベル・ルーカス)と、2人の美女に言い寄られたりと、ここでも“成長”を見せているようだが…。
「(2人に囲まれて)『僕は世界一ラッキーな男だ』って感じながら演じていたよ(笑)。彼女たちは賢く、一緒に演じていてとても楽しいんです。あれだけの美しさとパワーを持っていると、こちらは恐れをなしてしまいそうですが、彼女たちは映画の中で、美しさを誇るでもなく、あくまでも自然に演じてくれるんです」。

劇中、サムはごく普通の青年、大学生としての生活を望むのだが、運命は決して彼を普通の生活の中に留めておいてはくれない。シャイア自身も、ハリウッドという特別な世界に暮らしているが、ごく普通の大学生になりたいという願望は?
「うん、大学での生活はすごくうらやましいです。大学で勉強したい気持ちはすごく強かったしね。でも、いま自分が置かれているこの状況を蹴ってまで望むかというと…難しいですね。僕はいま、自分がこの空想のような世界にいることにもすごく感謝しているんです。普通では出来ない経験をさせてもらっているからね」。

屈託のない笑顔でそう語るシャイア。様々な経験を経て着実に次世代のスーパースターへの階段を上っていく23歳から、今後も目が離せそうにない!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top