ジョージ・クルーニー、バイク事故で恋人と共に負傷

ジョージ・クルーニーが9月21日、ニュージャージー州でハーレーダビッドソンを運転中に自動車と事故を起こし、バイクに同乗していた恋人のサラ・ラーソンさんと共に負傷した。ジョージは肋骨にひびが入り、サラさんは足を骨折したが、入院が必要なほどの重傷ではなかったため、病院で治療を受けた後に2人は帰宅した。

最新ニュース
現地時間の9月24日に行われた『マイケル・クレイトン』のプレミアに出席したジョージとサラ -(C) Getty Images/AFLO
  • 現地時間の9月24日に行われた『マイケル・クレイトン』のプレミアに出席したジョージとサラ -(C) Getty Images/AFLO
ジョージ・クルーニーが9月21日、ニュージャージー州でハーレーダビッドソンを運転中に自動車と事故を起こし、バイクに同乗していた恋人のサラ・ラーソンさんと共に負傷した。ジョージは肋骨にひびが入り、サラさんは足を骨折したが、入院が必要なほどの重傷ではなかったため、病院で治療を受けた後に2人は帰宅した。

サラさんはラスベガスのホテルにあるナイトクラブでカクテル・ウェイトレス兼ゴーゴーダンサーとして働く一般女性で、28歳。ジョージは今年46歳。2人の出会いは6月、彼女の勤務先で『オーシャンズ13』のプレミアが行われた時だという。今は仕事はしておらず、最近はヴェネチア映画祭やドーヴィル映画祭に出席するジョージに同行していた。

ジョージは現在ニューヨーク近郊で『Burn After Reading』(原題)を撮影中。24日(現地時間)には新作『マイケル・クレイトン』(原題)のニューヨークプレミアに松葉杖姿のサラさんと出席した。



© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top