これも脚本家協会ストライキの余波? キーファーが予定を繰り上げ塀の中へ

9月25日に飲酒運転で逮捕されたキーファー・サザーランドが、5日に48日の禁固刑を言い渡され、カリフォルニア州グレンデイル市刑務所に収監された。

最新ニュース
「24」を撮影中のキーファー、隣にいるのはマイケル・チャートフ国土安全保障省長官。 -(C) Splash/AFLO
  • 「24」を撮影中のキーファー、隣にいるのはマイケル・チャートフ国土安全保障省長官。 -(C) Splash/AFLO
9月25日に飲酒運転で逮捕されたキーファー・サザーランドが、5日に48日の禁固刑を言い渡され、カリフォルニア州グレンデイル市刑務所に収監された。

当初、キーファーは主演のTVシリーズ「24」の撮影に影響を及ぼさないよう、自分の誕生日でもある21日からの年末年始の休暇期間である18日間、さらにシーズン終了後に残りの刑期を務める予定だったが、ハリウッドでは11月初めから脚本家協会のストライキが続いていて、来年1月放映開始予定だった「24」の第7シーズンも撮影が中断したまま。そこで、予定を早めて収監されることになった。

グレンデイル市刑務所への入所はキーファーの希望で、看守は「彼は模範囚です。刑務所にいるのは嬉しくないでしょうが、彼が自分の行為を反省し、責任を感じているのが伝わってきます」と話している。



写真は11月4日、「24」を撮影中のキーファー。隣にいるのはマイケル・チャートフ国土安全保障省長官。撮影を見学しながらアドバイスをしていた。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top