キーファー、暴行事件の被害者デザイナーと和解へ

キーファー・サザーランドが今月5日、ニューヨークのパーティで頭突きをして怪我を負わせたファッション・デザイナーと和解、起訴を取り下げられる見込みだ。

最新ニュース ゴシップ
起訴は取り下げられそうだが、再調査の可能性も…? -(C) Splash/AFLO
  • 起訴は取り下げられそうだが、再調査の可能性も…? -(C) Splash/AFLO
キーファー・サザーランドが今月5日、ニューヨークのパーティで頭突きをして怪我を負わせたファッション・デザイナーと和解、起訴を取り下げられる見込みだ。

キーファーは、ニューヨークのナイトクラブで行われていたパーティでブルック・シールズを転倒させながら謝罪しなかったデザイナー、ジャック・マッコロー氏に頭突きをくらわせた。マッコロー氏が鼻を折られたと被害届を出したことを受けて、キーファーは自ら出頭し、7日に第3級暴行罪で起訴されていた。

2人は共同声明を発表し、AP通信によると、キーファーは「あの夜に起こったことについて申し訳なく思い、マッコロー氏が負傷したことを心から気の毒に思います」と発言。マッコロー氏は「サザーランド氏の声明をありがたく思い、彼の幸運を祈ります」とコメントした。

2人が和解したことによって、マンハッタン検察局での起訴が取り下げられる可能性が高くなってきたが、キーファーは現在ロサンゼルスで起こした酒気帯び運転罪で5年間の保護観察期間中。L.A.の検事は今回の事件について再調査する意向も示していて、最悪の場合は刑務所に再び入ることになるかもしれない。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

特集

関連記事

特集

page top