TBSアナウンサー総勢8名、声優初挑戦! 緊張の『カンフー・パンダ』アフレコ収録

カンフーが大好きなぐうたらパンダのポー。ひょんなことから“龍の戦士”に選ばれたポーが、「平和の谷」を守るため、大奮闘! 『シュレック』や『マダガスカル』のドリームワークスが贈る、笑い&感動のミラクル・カンフー・アニメ『カンフー・パンダ』が7月に公開される。そして今回、本作の日本語吹き替え版の声を担当するTBSのアナウンサー、山内あゆ、竹内香苗、岡村仁美、鈴木順、土井敏之、高野貴裕、蓮見孝之、赤荻歩ら総勢8名によるアフレコ収録が行われた。

最新ニュース レポート
TBSアナウンサー総勢8名が、『カンフー・パンダ』で声優初挑戦! -(C) TBS
  • TBSアナウンサー総勢8名が、『カンフー・パンダ』で声優初挑戦! -(C) TBS
カンフーが大好きなぐうたらパンダのポー。ひょんなことから“龍の戦士”に選ばれたポーが、「平和の谷」を守るため、大奮闘! 『シュレック』や『マダガスカル』のドリームワークスが贈る、笑い&感動のミラクル・カンフー・アニメ『カンフー・パンダ』が7月に公開される。そして今回、本作の日本語吹き替え版の声を担当するTBSのアナウンサー、山内あゆ、竹内香苗、岡村仁美、鈴木順、土井敏之、高野貴裕、蓮見孝之、赤荻歩ら総勢8名によるアフレコ収録が行われた。

現在開催中のカンヌ国際映画祭に出品された本作。そのために現地入りし、双子妊娠を発表したアンジェリーナ・ジョリーをはじめ、ジャック・ブラック、ジャッキー・チェン、ダスティン・ホフマン、ルーシー・リュー、イアン・マクシェーンと、映画界きっての超豪華俳優陣が声優として集う本作。日本語吹き替え版の声優陣もまた、TOKIOの山口達也をはじめ、『ブラインドネス』でカンヌ入りしたばかりの木村佳乃、笹野高史、中尾彬、MEGUMIと、こちらもオリジナル版に引けを取らない面々が顔を揃えている。

そして今回、新たに声優に抜擢された、TBSアナウンサー陣。アナウンサーとして、声に絶対的な自信を持つ面々だが、アニメ映画のアフレコに挑戦するのは全員が初めてだという。「私も普段ニュースを読むということで低めの声を出していますが、今日はカワイイ声を出したいと思います!」と意気込みを語ったのは、「みのもんたの朝ズバッ!」でおなじみの竹内アナ。緊張した雰囲気の中、全員が無事アフレコ収録終了——。

撮り終えて、「『ウワー! ウオー』という叫び声まで演出してもらえると思わなかった」(山内アナ)、「本当にすごく細かい演出が入っていることにビックリ! 何より先輩方に囲まれてやるのが一番緊張しました」(岡村アナ)、「やはり、プロの声優さんはすごいなーと思いました。いろんな演技を声だけでするっていうのは、アナウンサーも負けてられないなと思いました」(鈴木アナ)と、それぞれの感想を語ってくれた。

そして、土井アナが「普段通り、声を張り上げるだけでした(笑)。演技指導はいらなかったような気がします」と、余裕のコメントで周囲を笑わせ、収録は幕を閉じた。ちなみに、この日は突撃取材でおなじみの「サンデー・ジャポン」が現場に乱入! 自信満々の土井アナをはじめ、声優初挑戦となったアナウンサー陣のドキドキのアフレコ収録現場の模様が、5月18日(日)朝10時より「サンジャポ」にて放送される。普段の彼らとは違った表情が見れるこのチャンスをお見逃しなく!

『カンフー・パンダ』は、7月26日(土)より全国にて公開。

『カンフー・パンダ』アフレコ収録の放送
5月18日(日)10:00よりTBS「サンデー・ジャポン」にて放送。

© TBS
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top