ザック・エフロン、パリで新作プレミアに登場。ミュージカル映画はもう卒業か?

「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで大ブレイクしたザック・エフロンが24日、主演最新作『セブンティーン・アゲイン』のパリ・プレミアに出席、会場となったオペラ座近くの映画館「シネマ・ゴーモン・オペラ・キャピュシーヌ」に集まった大勢のファンから熱い声援を浴びた。

最新ニュース
『セブンティーン・アゲイン』パリ・プレミアに出席したザック・エフロン -(C) AFLO
  • 『セブンティーン・アゲイン』パリ・プレミアに出席したザック・エフロン -(C) AFLO
「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで大ブレイクしたザック・エフロンが24日、主演最新作『セブンティーン・アゲイン』のパリ・プレミアに出席、会場となったオペラ座近くの映画館「シネマ・ゴーモン・オペラ・キャピュシーヌ」に集まった大勢のファンから熱い声援を浴びた。

TV映画2本と劇場版『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』はフランスでも若い女性を中心に大人気。同作の共演者で実生活でも恋人のヴァネッサ・ハジェンズとのツーショットでの登場が期待されたが、今回は彼女は全く関係ない作品でもあり、当然ながらザックは1人で姿を現わした。

出世作ではあるものの、『ハイスクール・ミュージカル』のイメージが強くつきすぎることには抵抗があるようで、ザックは主演が決まっていた『ハイスクール〜』のケニー・オルテガ監督によるリメイク版『フットルース』(原題)からの降板を決意したという。ちなみに『ハイスクール〜』シリーズの合間を縫って出演したもう1本のミュージカル映画『ヘアスプレー』の続編へは出演するらしいが、「歌って踊れる」という最大の武器に頼らず、俳優としての幅を拡げていきたいと考えているようだ。



© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top