J・キャメロンの称賛の声に、クロエ・G・モレッツ「『アバター』は絶品」とお返し

オスカー受賞作『ディパーテッド』を始め、数々の栄誉を手にしてきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が初の3D作品として作り上げた最新作『ヒューゴの不思議な発明』が全米公開を前に、11月21日(現地時間)、N.Y.プレミアイベントを開催。スコセッシ監督を始め、主演を務める注目若手俳優のエイサ・バターフィルドとクロエ・グレース・モレッツらが出席し会場を沸かせた。

最新ニュース
『ヒューゴの不思議な発明』N.Y.プレミア
  • 『ヒューゴの不思議な発明』N.Y.プレミア
オスカー受賞作『ディパーテッド』を始め、数々の栄誉を手にしてきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が初の3D作品として作り上げた最新作『ヒューゴの不思議な発明』が全米公開を前に、11月21日(現地時間)、N.Y.プレミアイベントを開催。スコセッシ監督を始め、主演を務める注目若手俳優のエイサ・バターフィルドとクロエ・グレース・モレッツらが出席し会場を沸かせた。

物語の舞台は1930年代のフランス・パリ。火事で父親をなくし駅の時計台にひとりで暮らす少年・ヒューゴが、父の形見で壊れたままの“機械人形”の修復に必要な“ハート型の鍵”を持った少女・イザベルと出会い、世界をめぐる壮大な冒険に出る姿を描いた珠玉ファンタジー。

ニューヨークのジグ・フィールド・シアターの前に敷かれたレッドカーペットに最初に現れたのは、主人公・ヒューゴを演じたエイサ(『縞模様のパジャマの少年』)。本作が『アバター』のジェームズ・キャメロン監督から賛辞を贈られたことを伝えると、「ジェームズ・キャメロンがこの作品を絶賛してくれたのは知らなかった。それは素晴らしい! いま、とてもワクワクしているよ」と胸の内を明かした。続いて、ドルチェ&ガッバーナの可憐なドレスで登場したのは、『キック・アス』『モールス』などでの好演が高く評価され、人気急上昇中の若手女優、クロエ・グレース・モレッツ。「私は『アバター』は絶品だと思う。だから彼がスコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』を絶品だと思ってくれたなんて素晴らしいわ。マーティン・スコセッシは“最高の監督”と言われている人ですもの」と喜びと共に作品への自信をのぞかせる。

そんな2人の若手俳優を見守るのがイギリス映画界きっての名優、サー・ベン・キングスレー。本作について「とても重要な映画だと思う。そして、この映画は人々をハッピーにするから重要なんだ。人生がどんなにビューティフルかを人々に思い起こさせる映画だから大切なんだ」と語った。そして、本作で初めて3D作品に挑んだスコセッシ監督は、「ジェームズ・キャメロンはこの作品を褒めてくれるなんて寛容な人だ」と前置きした後で、「僕は3Dが大好きなんだ。実は、僕は3Dに心を奪われ、虜になっているんだ。僕自身は決して3Dを作ることはないだろうと思っていたからね。ところが、『アバター』などの映画が出回るようになり、いま(それが)可能になった」と今後も3D作品を撮っていく可能性をうかがわせた。

さらにこの日、スタッフ・キャストのほかにゲストとしてスパイク・リー監督が急遽来場するなど、大盛り上がりを見せた。今回出席したキャストに加えて、ジュード・ロウやサーシャ・バロン・コーエンが出演、ジョニー・デップが製作に参加するなど人気実力を兼ね備えた豪華な面々が名を連ねている本作。この日も国内外から80社ものメディアがレッドカーペットに詰めかけた。いよいよ来年のアカデミー賞に向けて各賞レースが始動しているが、本作の可能性はいかに? まずは、このほど到着した『ヒューゴの不思議な発明』の予告編で、不思議な世界観を覗いてみて。

『ヒューゴの不思議な発明』は、2012年3月9日(金)よりTOHOシネマズ 有楽座ほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top