『アーティスト』快進撃はさらに続く! 監督協会賞も受賞し、オスカーに王手

28日、第64回全米監督協会賞(以下、DGA賞)がハリウッド&ハイランド・センターで開催され、オスカー前哨戦で健闘中の『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が映画部門を受賞した。

最新ニュース ゴシップ
第64回全米監督協会賞に出席したミシェル・アザナヴィシウス監督 -(C)ロイター/AFLO
  • 第64回全米監督協会賞に出席したミシェル・アザナヴィシウス監督 -(C)ロイター/AFLO
28日、第64回全米監督協会賞(以下、DGA賞)がハリウッド&ハイランド・センターで開催され、オスカー前哨戦で健闘中の『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が映画部門を受賞した。

同部門では本年度オスカー最多ノミネート作『ヒューゴの不思議な発明』のマーティン・スコセッシ監督、『ミッドナイト・イン・パリ』のウディ・アレン監督ら大御所を制しての受賞。DGA賞では過去63回で、アカデミー賞監督賞と授賞結果が異なったのはわずか6回。過去5年間ではDGA賞受賞者の作品がアカデミー賞作品賞を受賞している。来月26日(現地時間)に発表される第84回アカデミー賞レースにおいて、ライバル作品をまた一歩リードし、先頭に立った。

アザナヴィシウス監督は「先頭に立つと言ってもこれが初めての経験なのでよく分からない。(ライバル候補だった)マーティン・スコセッシにウディ・アレン、デヴィッド・フィンチャー、それにアレクサンダー・ペイン。彼らに負けていたとしても当然だった。でも、もちろん、受賞できたのは素晴らしい気分だよ」と、あくまでも謙虚な姿勢でアメリカのエンターテインメント・ニュースサイト「The Wrap」に語った。



© ロイター/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top