ウィリアム王子とキャサリン妃、第1子誕生を祝福して子守唄が贈られることに

プロの作曲家が英ウィリアム王子の赤ちゃんのために曲を作ったようだ。2011年に行われた王子とキャサリン妃のロイヤル・ウェディングに…

最新ニュース
ウィリアム王子&キャサリン妃
  • ウィリアム王子&キャサリン妃
  • キャサリン妃、ウィリアム王子 -(C) Getty Images
  • ウィリアム王子、キャサリン妃
  • ヘンリー王子、ウィリアム王子、キャサリン妃 -(C) Getty Images
  • 左から:ウィリアム王子、キャサリン妃、ハリー王子 -(C) Getty Images
プロの作曲家が英ウィリアム王子の赤ちゃんのために曲を作ったようだ。2011年に行われた王子とキャサリン妃のロイヤル・ウェディングに向けても「ウビ・カリタス」を作曲した作曲家のポール・メアロウが、7月に生まれてくる予定の夫妻の第1子のために、「スリープ・オン」と題した子守唄を新しく作曲したという。ポールは「ロイヤル・ウェディングでも曲作りを手掛けましたから、ロイヤルカップルのお2人の次の人生の船出のために新たな音楽をご提供するのは自然な流れでした」と語っている。

ポールは今回、ヘイリー・ウェステンラを「スリープ・オン」の歌い手に抜擢していて、曲はヘイリーの新作ララバイ集「ハッシャバイ」に収録され、キャサリン妃が赤ちゃんを出産する前には2人の元へ作品が送られるようだ。  

ウィリアム王子の父親であるチャールズ皇太子のためにパフォーマンスを行った経験もあるヘイリーは、今回の試みを喜んでいるという。ヘイリーは「ウィリアムとケイトの赤ちゃん誕生を祝して、ポールと私は一緒に『スリープ・オン』っていう歌を手掛けたの。だって皆で祝福できるとっても楽しい機会じゃない!」と話す。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top