次なるカンバーバッチは誰? 2014年に“来る”ネクストブレイク男子<海外編>

2013年、映画界をもっとも沸かせた大ブレイク男子といえば、『スタートレック イントゥ・ダークネス』の美しい悪役

最新ニュース スクープ
ベネディクト・カンバーバッチ/(C) Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ/(C) Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ/(C) Getty Images
  • トム・ヒドルストン/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.
  • トム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』-(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.
  • トム・ヒドルストン -(C) Getty Images
  • 吸血鬼役のトム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』-(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.
  • 『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • 『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
2013年、映画界をもっとも沸かせた大ブレイク男子といえば、『スタートレック イントゥ・ダークネス』の美しい悪役ジョン・ハリソン、『ホビット 竜に奪われた王国』の邪悪な竜スマウグ役のベネディクト・カンバーバッチだろう。そのほか、『007 スカイ・フォール』 『クラウド アトラス』のベン・ウィショー、また『マン・オブ・スティール』で英国人ながら新生スーパーマンとなったヘンリー・カビルなども挙げられるはずだ。

では、2014年にはいったい誰が、“来る”のだろうか? 次なるカンバーバッチとなるようなブレイク男子をシネマカフェが大予想する。

まずは、先の3人と同様の“英国男子”、トム・ヒドルストン。「えっ、もうブレイクしているんじゃ」と思われるファンも多いかもしれないが、2月公開の大ヒットアメコミシリーズ『マイティ・ソー/ダークワールド』の公開を前に、インディーズ界の巨匠ジム・ジャームッシュ監督のもとセクシーで物憂げな吸血鬼を演じた『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』で、さらなるファンを獲得しそうな勢いだ。

本作では、アンダーグラウンドに生きる伝説的ミュージシャン、アダムとして、鍛え上げられた半裸のみならず、ティルダ・ウィンストン演じる、同じく吸血鬼の永遠の恋人イブとともに全裸で横たわるシーンもあるらしく…!? 

トムは王立演劇学校を卒業した舞台俳優だけに、演技力は抜群。TVドラマ「刑事ヴァランダー/白夜の戦慄」で共演し、『マイティ・ソー』ロキ役に抜擢したケネス・ブラナーのお墨付きだ。その一方で、プレミアや映画祭などで見せる素顔はとてもキュートでユーモラス。そのキャラクターも魅力的なのだ。

そんなトムは本国では、“ヒドルストナーズ(Hiddlesters)”と呼ばれる熱狂的ファンダムを持ち、“カンバーベイブス(Cumberbabes)”と呼ばれるファンを持つカンバーバッチと人気を二分するほど。その熱波は、英国男子ブームに乗って日本にもさらに伝播することだろう。

また、吸血鬼つながりでいえば、TVドラマ「トゥルーブラッド」の超絶セクシーなヴァンパイア、エリック役で人気を博しているスウェーデン生まれの美男子、アレキサンダー・ストラスガルドも要チェックだ。2014年は早々に、エレン・ペイジと共演する『ザ・イースト』、ジュリアン・ムーアと共演する『メイジーの瞳』が公開される。

アレックスは、『マイティ・ソー』シリーズや『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られるスウェーデンの名優ステラン・スカルスガルドの長男。『わらの犬』のケイト・ボスワースと長らく交際していたが、破局後、『ザ・イースト』のエレン・ペイジ、新作SF映画『The Giver』(原題)のティラー・スウィフトと噂になるなど、いまや新たな共演者キラーともいえるモテ男だ。

「トゥルーブラッド」ではセクシーなボディを惜しげもなく披露、レディー・ガガの「パパラッチ」PVではガガとのラブシーンに挑み、『バトルシップ』では精悍な将校姿に。「カルバン・クライン(Calvin Klein)」のイメージモデルも務めている。

『ザ・イースト』ではカリスマ性溢れる環境テロリスト集団のリーダー役で、『メイジーの瞳』では194cmという高身長を屈ませての“イクメン”ぶりで新たな表情を魅せており、注目を集めている。

さらに、シネマカフェ編集部やライター陣の中で最注目株なのが、デイン・デハーン。2013年は、端役ながら『リンカーン』、ライアン・ゴズリングの息子役を演じた『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』、トム・ハーディ、シャイア・ラブーフらと共演した『欲望のバージニア』、そして限定公開ながら圧倒的な印象を残した衝撃作『クロニクル』、人気バンド“メタリカ”の3Dライヴ・ドキュメンタリー『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』と、出演作が5作も日本公開された。

「トゥルーブラッド」にもゲスト出演したことのあるデインは、若き日のレオナルド・ディカプリオを思わせるような、端麗なルックス。どこか影のある、心の闇を抱えた少年というイメージが強いが、なんと実年齢は1987年生まれの26歳。

主人公アンドリューを演じた『クロニクル』では、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの5か月に渡るオーディションの中から選ばれ、特別な“チカラ”を手に入れた地味なオタク高校生の、繊細な心の動きと狂気を見事に演じきった。

そして2014年は、『アメイジング・スパイダーマン2』に、アンドリュー・ガーフィールド演じる主人公ピーターの旧友にして宿敵グリーン・ゴブリンとなるハリー・オズボーン役に大抜擢! ハリー役といえば、先のサム・ライミ版『スパイダーマン』でジェームズ・フランコを一躍スターダムに押し上げた役柄だけに、本作でも話題をかっさらうに違いない。

さらに、ダニエル・ラドクリフが詩人アレン・ギンズバーグを演じた伝記ドラマ『Kill Your Darlings』(原題)、アナ・ケンドリックと共演するゾンビコメディ『Life After Beth』(原題)、リース・ウィザースプーン、コリン・ファース共演のえん罪事件を描くドラマ『Devil's Knot』(原題)といった話題作の公開も待たれている。

2014年、あなたはどの男子に注目する?
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top