【特報映像】ジョニー・デップが久々の“白塗り”封印…『トランセンデンス』

クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、ジョニー・デップ主演で贈る近未来SF超大作『トランセンデンス』。6月28日(土)に公開が決定し、このほど驚愕の特報映像が到着した!

最新ニュース
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『トランセンデンス』 - Peter Mountain (c) 2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、ジョニー・デップ主演で贈る近未来SF超大作『トランセンデンス』。6月28日(土)に公開が決定し、このほど驚愕の特報映像が到着した!

科学者・ウィル(ジョニー・デップ)は、人類の未来のために“意識を持つ”スーパーコンピューターを開発していた。しかし反テクノロジーの過激派組織の凶弾に倒れてしまう。妻・エブリン(レベッカ・ホール)は、死の際で彼の頭脳をスーパーコンピューターへアップロードするのだが…。

今回到着した映像では、「究極的な発達を遂げた人間の脳。そしてテクノロジーが次の進化をもたらす」という意味深な言葉から始まる。そしてその現象を“超越”という意味の“トランセンデンス”と呼ぶのが、ジョニー演じる科学者のウィル・キャスターだ。

久しぶりに“白塗り封印”で素顔のジョニーに、ファンは浮かれてしまうところだが、反テクノロジーの過激派組織“R.I.F.T.”の凶弾に倒れてしまう。しかし、ウィルはスーパーコンピューターにアップロードされ、タブレットに浮かび上がってくるのだった。

一体何が起こってるのか? スーパーコンピューターの中に存在するウィルの意識は、どんな進化をもたらすのか? “新たな人類創造”の域に踏み込むのだろうか? いくつもの疑問が浮上し、先が気になって(ジョニーの行方が気になって)仕方ないはず。

さらには、この現実離れした壮絶な映像も見どころの一つ。地上にあるものが、空に向かってグオオオオーっと吸い込まれていく様はまさに圧巻の一言だ。圧倒的な映像を生み出したのは、クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』でアカデミー賞「撮影賞」に輝いたウォーリー・フィスター。本作でついに監督デビューを果たした。

また音楽は、去年『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞「作曲賞」を受賞したマイケル・ダナ。フィスター監督の映し出す映像を、どんな音楽で彩るのか、こちらの化学反応も楽しみだ。

コンピューターの中といえど、ジョニーが久しぶりに素顔で挑む本作。まずは特報をチェック!



『トランセンデンス』は6月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top