沢村一樹主演『DOCTORS 3』、院長代理に就任した卓ちゃん(高嶋政伸)の暴挙が止まらない!

171:沢村一樹主演の医療ドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系列)が約1年半ぶりに復活し、1月8日から第三弾としてレギュラー放送がスタート。初回は14.6%と安定の人気をみせた。

最新ニュース
沢村一樹主演の医療ドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系列)が約1年半ぶりに復活し、1月8日から第三弾としてレギュラー放送がスタート。初回は14.6%と安定の人気をみせた。今夜(1月15日)の放送では、病院スタッフの前で相良浩介(沢村一樹)を土下座させ、自分への服従を誓わせた院長代理の森山卓(高嶋政伸)が、新人外科医の瀬戸晃(浅利陽介)も取り込み、ますます助長していく。

[第2話あらすじ]「堂上総合病院内のあらゆる事項はすべて自分が決定する」という旨の通達までし、看護師のシフトにまで口を挟むと宣言した森山(高嶋)。皆川和枝(伊藤蘭)や看護師長の田村戸紀子(宮地雅子)らはそんな森山の態度にあきれ返るが、相良だけは森山の決定を尊重し、すべてのことを報告することを承知する。そんな中、堂上総合病院に平松啓輔(西岡徳馬)という男性患者が緊急入院。胆石による発作と診断され、しばらく検査のために入院を続けることになる。ある日平松は同じ病棟内に入院している武藤重之(志賀廣太郎)の姿を見て激しく動揺。武藤がガンであることを知ると、なぜか嬉しそうなそぶりを見せる。不審に思った相良と宮部佐知(比嘉愛未)は、平松に武藤との関係を問う。すると平松は「武藤とは小学校の同級生で、親友だったのに裏切られた過去がある」と佐知に告白。さらに武藤は、森山に「相良のような名医に手術されたら武藤は助かってしまう。担当を変えてくれ」と直談判。思いがけない依頼に堂上総合病院のスタッフたちは困惑する。その頃、森山は「すべての事項は自分を通せ」と言ったばかりに、がんじがらめになってしまい……?

■『DOCTORS 3 ~最強の名医~』
2015年1月15日(木) 21:00~21:54(テレビ朝日系列)

相良浩介 … 沢村一樹
森山卓 … 高嶋政伸
宮部佐知 … 比嘉愛未

関連リンク
沢村一樹主演の『DOCTORS』、新春スペシャルをオンデマンドで配信中!
沢村一樹主演『DOCTORS 3』連続ドラマで放送決定!
[オンデマンド]沢村一樹主演『DOCTORS 2 最強の名医』配信中
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top