マドンナ、第57回グラミー賞でパフォーマンスへ

最新ニュース

マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ -(C) Getty Images
  • ニッキー・ミナージュ&マドンナ&M.I.A.-(C) Getty Images
マドンナと「AC/DC」が第57回グラミー賞でパフォーマンスを行うことが決定した。そのほかにもアリアナ・グランデ、エド・シーラン、エリック・チャーチなど豪華な面々が来月8日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される同式典のステージを飾ることが明らかになった。

マドンナはツイッターに「『レベル・ハート』2月8日グラミー賞で会いましょ」と投稿してこのニュースを認めた。さらに、ジェシー・Jとニッキー・ミナージュとのコラボ曲「バン・バン」で最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)、セカンドアルバム「マイ・エヴリシング」で最優秀ポップ・アルバムの2部門でノミネートされているアリアナも「グラミー賞でパフォーマンスとノミネートなんて感激すぎて、言葉にならないわ! ありがとう。2月8日に会いましょうね」とツイートし、その感激ぶりを見せている。

ロック界の大御所「AC/DC」にとっては、同式典でパフォーマンスを行うことが初となるだけでなく、米テレビへの登場は14年間ぶりとなる。アリアナとエリックにとっても今回がグラミー賞での初ステージとなっている。

エリックは最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、「ギブ・ミー・バック・マイ・ホームタウン」で最優秀カントリー・ソング、キース・アーバンとのコラボ曲「レイズ・エム・アップ」で最優秀カントリー・パフォーマンス(グループ)、「ジ・アウトサイダーズ」で最優秀カントリー・アルバムと4部門での候補入りを果たしている。

一方、エドは「x(マルティプライ)」で年間最優秀アルバムと最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム、映画『ホビット 竜に奪われた王国』のエンディング曲「アイ・シー・ファイヤー」で最優秀映像メディア楽曲の3部門で候補に選出されている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top