蜷川実花初のセルフポートレイトを公開! 原美術館「蜷川実花:Seif-image」開催

写真家・映画監督の蜷川実花の個展「蜷川実花:Seif-image」が1月24日(土)から5月10日(日)まで、東京都・品川の「原美術館」にて開催となる…

最新ニュース
「Self-image」2013 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「Self-image」2013 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「無題」2015 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「noir」2010 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「noir」2010 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「PLANT A TREE」2011 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「PLANT A TREE」2011 © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「Self-image」2013  © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 「Self-image」2013  © mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
写真家・映画監督の蜷川実花の個展「蜷川実花:Seif-image」が1月24日(土)から5月10日(日)まで、東京都・品川の「原美術館」にて開催となる。

「蜷川カラー」と呼ばれる極彩色の鮮烈な作風で知られ、これまでアイドルやモデル、花々を題材にその光と影を捉え続けてきた蜷川実花。本展では、既存の蜷川実花の作品イメージとは異なり、闇や陰の部分に目を向けた新境地シリーズ「noir」や、川面に散る桜を一心不乱に収めた「PLANT A TREE」、そして初期から断続的に撮影されてきたモノクロームのセルフポートレイトを中心に多くの初公開写真を展開。「生身に近い、何も武装していない」と本人が語る特別な写真群(Self-image)を紹介する。

そのほか、三面に投影された新作映像インスタレーションでは、映像にあわせ、特別に渋谷慶一郎氏が音楽を、サウンド・ジェネレートシステムをevalaが手掛けた。

元邸宅という原美術館の親密な空間の中で展開される作品から、蜷川実花の新たな一面に出合えるはずだ。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top