「あの花」スタッフ最新作『心が叫びたがってるんだ。』キービジュアル&映像解禁

最新ニュース

『心が叫びたがってるんだ。』-(C) KOKOSAKE PROJECT
  • 『心が叫びたがってるんだ。』-(C) KOKOSAKE PROJECT
  • 『心が叫びたがってるんだ。』ロゴ-(C) KOKOSAKE PROJECT
「あの花」の愛称で親しまれ、2013年夏の劇場公開では観客動員数77万人、興収10億円突破、興収ランキング7週連続トップ10入りという大ヒットを記録したアニメ『劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。このほど、「あの花」スタッフが贈るオリジナルアニメ映画最新作『心が叫びたがってるんだ。』のキービジュアルが解禁となった。

2014年8月31日に埼玉県秩父市で開催されたイベント「あの花夏祭Final」で本作の制作が発表されて以来、12月3日(水)に行われた「あの花」ゆかりの秩父神社の例大祭「秩父夜祭」ではタイトルが明らかとなり翌日からツイッターをはじめネット上で話題になるなど、その続報が待たれていた本作。

このほど、1月22日(木)のフジテレビ深夜アニメ放送枠「ノイタミナ」のCM内で解禁されたのは、ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」のメロディーが物悲しい印象を与える本作のキービジュアル。木漏れ日差し込む教室の窓辺にひとり佇む少女が描かれ、手には携帯電話、表情はどこか物憂げで、窓の外にはメルヘンチックなお城と、舞踏会で踊っているかのような人々が宙に舞っている。さらに、少女の傍らには帽子をかぶった“玉子”が…。全容はまだ厚いベールに包まれていてるが、想像と期待が膨らむビジュアルに仕上がっている。



本作でメガホンをとるのは、「あの花」で人間本来の姿に言及しつつもアニメならではのファンタジー要素を交えて、泣けるアニメとして日本中を感動の涙で包んだ長井龍雪監督。さらに脚本を岡田麿里、キャラクターデザインを田中将賀が担当し「あの花」のヒットメーカー3人が再集結。秩父を舞台に描かれる“青春群像劇”第2弾として作られる本作でも、人々の繊細な心を掴み、感情を刺激する物語になること間違いなしだ。

また、ほかのキャラクタービジュアルや声優キャストの発表など、今後の続報にもぜひ注目したい。

オリジナルアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』は2015年全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top