綾野剛×村上虹郎、闘う男たちの色気漂うビジュアル解禁『武曲 MUKOKU』

映画

綾野剛と、成長著しい若手俳優・村上虹郎が共演し、闘うことでしか生きられない男たちの魂の対決を描く『武曲 MUKOKU』。本日4月13日は、なんと、かつて巌流島で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたことに由来した「決闘の日」。これにちなみ、本作から2人の“現代の侍”を捉えた本ビジュアルと新たな場面写真が一挙に解禁となった。

鎌倉を舞台に、生きる気力を失い、どん底の日々を送る矢田部研吾と、本人も知らない恐るべき剣の才能を有する少年、羽田融の激しく燃えさかる魂の対決を、『私の男』の熊切和嘉監督が描く本作。

魂の対決といえば、日本人によく知られているのが、慶長17(1612)年旧暦4月13日、船島(巌流島)で行われた、剣豪・宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。それにちなんだ「決闘の日」に合わせ、綾野さんと、村上さんが対照的な色気を見せる本ビジュアルが到着。

どん底の日々を送る主人公・研吾(綾野さん)と、ラップのリリック作りに夢中だが死に魅せられた高校生の融(村上さん)という全く異なる境遇をもつ、2人の男を大きくクローズアップ。研吾の視線はどこかうつろでありながら射貫くような鋭さを放つ一方、漆黒の剣を肩に、イヤホンで音楽を聴く融の見るからに血気盛んな強い眼差しが印象的。本作を観た書道家の武田双雲氏が躍動感あふれる題字を手掛けており、対照的な2人をまるで刀筋のような鋭い一線で断ち斬り、彼らは臨むことになる対決をダイナミックに盛り上げている。

なお、4月22日(土)より発売される本作の全国共通特別鑑賞券(税込1,400円)の劇場窓口購入者限定特典として、本ビジュアルのクリアファイルが付属する。

また、合わせて到着した新場面写真では、研吾の眼光鋭い姿のみならず、研吾の師で融を剣の道に導く僧侶・雪峯(柄本明)も含めて、劇中の様々な対決シーンが明らかに。闘う男の色気が漂う、本作の世界観を十分に感じることができる対決写真となっている。

『武曲 MUKOKU』は6月3日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top